ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Eagle Ridge イーグルリッジ

フィリピンゴルフ! Eagle Ridge イーグルリッジ

 
Eagle Ridge


 ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。僕自身はファルドでのプレー経験しかありませんが、ダイコースがマニラ近郊のゴルフ場では一番難しいという評判をよく耳にしますので、一度は挑戦なければと思っています。

 
コース


今回は僕自身がラウンド経験のあるファルドコースを紹介します。ダイコースに続く難しさと聞いていましたが、実際かなりの難コースでした。難しさの要因はいくつかありますが、アップダウンや左右へ曲がるコース取りのため先が見えない、いわゆるブラインドホールが多いこと。フェアウェイでも傾斜がきつく難しいライが多いこと。また、視覚的プレッシャーによりフェアウェイが非常に狭く見えること。ですので、初めてのラウンドではメンバーの方やキャディさんのアドバイスをしっかり聞き、池などのハザードがない限りはジャストの距離よりは手前から攻めるのがよいでしょう。

 
印象的なホール


15番ミドルホールはファルドコースの難しさが凝縮されたコース。左ドッグのブラインドコース。セカンドは非常に狭いグリーンに向かっての打ちおろし。グリーンに直接落とすと崖に向かって転がってしまうので、バンカーとグリーンの手前の狭いスペースに落とす、またはグリーンを直接狙わず左のやや平らなエリアに落として3打目勝負、でしょうか。
何度かラウンドすると攻め方も分かり、良いスコアを期待できるのかもしれませんが、最初の挑戦は心してかかる必要がありそうです。

 

2番パー5。フェアウェイでも傾斜があるライで難しい。

15番。パー4。神経を使うホールです。

 
詳細

18ホール/パー72パー72


プレイフィー:要会員紹介

◆平日/P1,200(メンバー)/P3,000(非メンバー)

◆休日/P2,500(メンバー)/P4,000(非メンバー)

住所:Barangay Javalera, Gen. Trias, Cavite

電話番号: +632 985-2294(カスタマーサービス)

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 

広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
マニラ空港第3ターミナルの向かいにあるリゾートワールドマニラに隣接するのがビリヤモールゴルフクラブ。パブリックコースのためメンバー同伴無しでのラウンドが可能。マカティに近い都市部に立地しながら狭いわけではなく、距離は青ティーで6500ヤード、パー72のしっかりとしたコースです。
ラグナ湖の北側の山間に位置するEastridge。コースから見下ろすラグナ湖の景観は山岳コースならではの美しさ。また、山岳コースといっても、しっかり距離のあるコースレイアウトでアップダウンも加味されるため、実距離よりも長く感じるコースです。
マニラから3時間、スービックから約30分南下した場所にあるのがAnvaya Cove Golf & Sports Club。マニラ首都圏在住者にとっては少々遠いですが、ビーチリゾートで宿泊施設もあるため、ラウンド後にゆったりと過ごすことも可能。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。

その他

「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。今回はカルティマールに行きました!一年ほど前にカルティマールに行きました!という動画を出しました。カルティマールは日本食の売ってるスーパーが有名なのと、ペット関係のお店が多いので有名です!
人々の「ライフ」に関わる服を提供し、フィリピンのすべての方々にユニクロの魅力を伝えたい。そんな想いを持つ、FAST RETAILING PHILIPPINES, INC.のCOO久保田さんにお話を伺いました。
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
マレーシアで大ヒットの「蚊よけ塗料」を、もうじきフィリピン国内で販売する関西ペイント。こちらの商品を販売し、デング熱患者を減らすことでフィリピンの人々の役に立ちたい。そんな想いを持つ、KANSAI PAINT PHILIPPINES,INC.の山本さんにお話しを伺いました。
みなさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です!HPN3の堀越は今、東南アジア最大のスラム街とも言われるトンド地区にホームステイさせてもらっています。なので今回はそのトンド地区のオシャレなピザカフェを紹介したいと思います。
一人でも多くの命を救うため、日本のものづくりで医療の進歩に取り組む【プロフィール】 テルモ・フィリピンズ・コーポレーション社長 久保田 徹さん 1954年長野県...続きを読む
マニラ空港第3ターミナルの向かいにあるリゾートワールドマニラに隣接するのがビリヤモールゴルフクラブ。パブリックコースのためメンバー同伴無しでのラウンドが可能。マカティに近い都市部に立地しながら狭いわけではなく、距離は青ティーで6500ヤード、パー72のしっかりとしたコースです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー