ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Valley Golf & Country Club ヴァレイゴルフ&カウントリークラブ

フィリピンゴルフ! Valley Golf & Country Club ヴァレイゴルフ&カウントリークラブ
広告
広告

 
Valley Golf & Country Club


 マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。一方、North Courseは距離が短めですがその分狭く戦略性のあるコース。また、メンバーの同伴がなくても回れるのも魅力。

 
コース


コースについては僕がラウンドしたことのあるNorth Courseについて。青ティーからでも6000ヤードを切る短めのコースですが、山岳コースの特徴であるアップダウンと狭いフェアウェイのため、精度あるショットと戦略的なゴルフを要求されます。気持ちよくドライバーを振りたい人にとっては少々ストレスかもしれません。フェアウェイ、グリーンの状態は良好ですが、グリーンは傾斜がきつめ。上りのパットはかなりしっかりと、下りのパットは繊細なタッチで打つ必要があります。出来ればカップの下につけたいところです。
また、18ホールの構成としてはパー3が6ホール、パー5が6ホール、残り12ホールがパー4と変則的。パー3は池越えホールが多く少々プレッシャーがかかりますが、パー5は短めのホールが多いのでしっかりパーを取っていきたいです。

 
印象的なホール


13番パー5。ティーグラウンドからフェアウェイ中央に見える気が印象的。多少上っているためティーグラウンドからは見えないのですが、木の左に池が配置されているため基本は右狙い。万が一左にいっても池に届かないクラブを持つのがよいですね。ただし右もOBのため、右狙いとはいえ落とし所が大変狭くなっています。3打目のグリーンを狙うショットもクリーク越えですし、難易度の高いホールですが、クラブ選択、コースマネジメントなどの面白さが味わえるホールです。

 

パー3は池越えホールが多いが距離は短めなのでグリーンを捉えたい。

North Course13番パー5。狙いは木の右側だが、落とし所が狭く難しい。

 
詳細

18ホール/パー725839ヤード(North)



プレイフィー:要会員紹介

◆平日/P1,211.2(同伴者)/P2,800(非メンバー)

◆休日/P2,511.2(同伴者)/P3,800(非メンバー)

住所:Don Celso S. Tuason Ave. Antipolo City 1870

電話番号: 02-658-4901 ~ 03

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

マニラ空港第3ターミナルの向かいにあるリゾートワールドマニラに隣接するのがビリヤモールゴルフクラブ。パブリックコースのためメンバー同伴無しでのラウンドが可能。マカティに近い都市部に立地しながら狭いわけではなく、距離は青ティーで6500ヤード、パー72のしっかりとしたコースです。
ラグナ湖の北側の山間に位置するEastridge。コースから見下ろすラグナ湖の景観は山岳コースならではの美しさ。また、山岳コースといっても、しっかり距離のあるコースレイアウトでアップダウンも加味されるため、実距離よりも長く感じるコースです。
マニラから3時間、スービックから約30分南下した場所にあるのがAnvaya Cove Golf & Sports Club。マニラ首都圏在住者にとっては少々遠いですが、ビーチリゾートで宿泊施設もあるため、ラウンド後にゆったりと過ごすことも可能。
今回はコース紹介から離れて、ゴルフコンペの話。コンペとは競技会を指すコンペティションの略称ですが、ゴルフにおいては順位付けをしながらも参加者同士の親睦を深めるような主旨のものを指すことが多いでしょう。
都心部であるTaguigに立地するPublicコース。Navy, Villiamorなどと軍隊が運営するコースと雰囲気は似ています。9ホールでパー33の設定。距離の短いコースです。練習場も併設されており、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。

その他

今回は「でっかい魚をつるぞパート2」です。みなさん釣りをしましょう! 男は昔から狩りをする生き物です! 釣りをしないなんて男じゃなくなってしまいますよ!
セブ島の中でももっとも珊瑚が綺麗な個所のひとつで、浅瀬の棚の上には元気いっぱいの枝珊瑚が群生しており、アオウミガメやタイマイが沢山みられます。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!僕は食べるのは好きなのですが伝えるのが苦手、つまり食レポが下手くそなんです。ましてやタガログ語となるとまた難しい。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
今回は「激辛ヌードルチャレンジ」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っています。 ユーチューブ動画で激辛ヌードルチャレンジを見てみると皆すごく辛そうに食べていますが、実際はそんなぬ辛くないんじゃないかと思い僕も挑戦してみる事にしました。
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
20代前半で環境問題を意識し、27歳で世界一の電気自動車メーカーを作ろうと起業。現在は大気汚染やさまざまな問題を抱えるフィリピンで、電動トライシクルを普及させるべく奮闘している中島さん。
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー