ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】航空大手2社第1四半期、新型コロナ響き共に赤字

【フィリピン経済ニュース】航空大手2社第1四半期、新型コロナ響き共に赤字

2020年6月8日

広告
広告
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、6月5日、2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。


それによると、PALHDの今第1四半期の営業収入は前年同期比(以下同様)18.3%減の321億ペソにとどまった。二桁減収は、新型コロナウイルス感染拡大にともなう旅行需要の減退、2月からの中国線運休、さらには、新型コロナウイルス対策としての3月央からの地域隔離措置に伴う全便運休が響いた。主力の旅客収入は21.4%減の270億ペソであった。一方貨物収入は14.1%減の19億ペソ、付帯事業収入は18.7%増の32億ペソであった。


二桁減収の一方、総営業費用は5.2%増の386億ペソに達した。実際のジェット燃料が下落しているにもかかわらず、燃料ヘッジロスの発生で燃料コストが38.8%増の148億ペソへと急増、結果として運航コストが22.3%増の234億ペソへと増加したことが響いた。一方、航空機取得などに伴う金融費用は15.5%減の27億ペソにとどまった。


これらの結果、包括的純損失は176倍の107億1,869万ペソへ、帰属純損失は11.2倍の93億8,371万ペソへと悪化した。1株当たり帰属純損失(完全希薄化ベース)も11.2倍の0.808ペソへと悪化した。なお、ANAホールディングス(ANA)が、2019年2月28日、PALHD発行済株式総数の9.5%を9,500万米ドル(約105億円相当)で取得した。


一方、格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、既に4月29日に2020年第1四半期事業報告書を公表している。それによると、CEBの今第1四半期の収入は24.9%減の159億ペソへと二桁減少となった。PALHDと同様、新型コロナウイルス感染拡大の影響が響いた。主力の旅客収入は27.4%減の114億ペソにとどまった。乗客数が16.5%減の440万人へと減少したうえ、平均運賃も13%減の2,580ペソへと低下した。


運航便数の減少、燃料費値下がり、ペソ高効果などにより営業費用も4.2%減の166億ペソへと減少したが、その減少率は、減収率24.9%を大幅に下回った。その結果、営業損益は7億ペソの赤字となり、前年同期の38億ペソの黒字から悪化した。帰属純損益も11億8,298万ペソの赤字となり、前年同期の33億5,643万ペソから悪化した。


このように、2020年第1四半期は両社ともに新型コロナウイルスの影響で赤字となったが、ヘッジロスの額が大きかったPALHDの帰属純損失額がCEBの約8倍となった。2019年の年間決算においても、下表の様に、CEBが約91億ペソの黒字に対し、PALHDは約103億ペソの赤字であった。


いずれにしても、第2四半期(4月~6月)に関しては、両社とも4月と5月はほぼ全面運休、6月は運航再開を図りつつあるが、通常運航にはほど遠い状況である。第2四半期の業績は一段と厳しくなりそうである。

 
広告
広告
広告

その他の記事

ユニクロ・フィリピンは、今年広範囲eコマースプラットフォームを投入、すなわち、オンラインショップを開設、ウェブサイトとモバイルアプリケーションの双方で利用できるようにするとのことである。
新型コロナウイルス対策として地域隔離措置が緩和されたことから、各種インフラ開発が再開され、フィリピン初の地下鉄プロジェクトである日本支援の「マニラ首都圏地下鉄事業」が始動しつつある。
2015年9月に民間企業に委託された首都圏軽量高架鉄道(LRT)1号線の運営・維持事業の権益構成が変更される。
フィリピン財務局の発表した速報値によると、2020年4月の財政収支は2,739億ペソの赤字となり、前年同月の869億ペソの黒字から赤字に転落した
マニラ首都圏などの地域隔離措置が、6月1日から緩和されるとの観測が高まっている。
配車サービス大手のGrabフィリピン(グラブ)は、5月22日、「ルソン島バギオ市(ベンゲット州)やナガ市(南カマリネス州)でタクシーサービスを開始した」と発表した。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、5月20日、2019年(1月~12月)の年次報告書を開示した。
フィリピンなどで幅広い通信事業を展開しつつある株式会社アイ・ピー・エス(IPS、本社:東京都中央区、東証マザーズ上場)は、フィリピンにおいて、医療・美容サービス事業も展開している。
国家経済開発庁(NEDA)は、5月13日、「開発予算調整委員会(DBCC)が、5月13日、マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した」と発表。2020年のGDP成長率予想マイナス2.4%~3.4%へ下方修正した。
ミンダナオ島の東で発生した熱帯低気圧が、5月12日午後9時(日本時間、以下同様)、2020年台風1号(国際名:ヴォンフォン)へと発達した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel