ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】デルタ変異種感染確認、25日現在累計119人

【フィリピン経済ニュース】デルタ変異種感染確認、25日現在累計119人

2021年7月26日

7月25日フィリピン保健省(DOH)は、「25日、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス・デルタ株(旧呼称:インド株)の新たな感染55例を確認した」と発表した。


新規感染55例のうち、37例は国内(カラバルソン14例、北部ミンダナオ8例、マニラ首都圏6例、中部ルソン6例、ダバオ2例、イロコス1例)、17例は帰国OFW(海外就労者)による海外からの持ち込み、1例は感染経路を確認中とのことである。


24日には新規感染17例が確認されており、週末だけで新規感染72例が確認された。そして、25日現在の累計感染確認数は119例に達した。そのうち、103人が回復、12人が治癒中、4人が死亡した。


DOHは、フィリピン大学や付属ゲノムセンターなどによる最新の全ゲノムシーケンススクリーニングにおいて、デルタ株のほかにも、アルファ株(旧呼称:英国株)新規感染94例、ベータ株(旧呼称:南アフリカ株)新規感染1179例、シータ株(旧呼称:フィリピン株)新規感染9例も確認したと発表した。

 

その他の記事

開発予算調整委員会(DBCC)が、7月19日、2022年政府予算案策定に向けて、2021年~2024年の中期マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した。
7月17日のフィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者は6,040人で、累計感染者数は150万2,359人となった。地域別最多はマニラ首都圏の53万8,421人、次いでカラバルソン(カビテ、ラグナ、バタンガス、ルソン、ケソン州)の25万4,793人。
フィリピンのコンビニエンスストア(コンビニ)首位の比セブン-イレブン、ルソン島中部ブラカン州メイカウアヤン市メイウッドでの新規出店により、3,000店体制となった。
フィリピン運輸省(DOTr)は、「日系企業連合(住友商事や三菱重工エンジニアリングなど)による改修・保守により、マニラ首都圏における都市鉄道『マニラ メトロレール トランジットシステム3号線(MRT3)』が飛躍的に改善、運行も大幅に改善され、利用者は速くて、便利で、快適なMRT3乗車を満喫している」とコメントしました。
7月8日付ロイターやCNNニュースなどによると、米国JPモルガンは、新型コロナワクチン接種ペースとデルタ変異株感染拡大ピッチとの比較・分析報告書を発表した。
日本支援の新型コロナウイルス感染症に係るワクチン(ワクチン)が、7月8日に到着した。
新型コロナ(COVID-19)国家タスクフォース(NTF)は7月5日、国内でCOVID-19ワクチンの接種(1回目または2回目)を受けた人が合計1,170万8,029人に達したと発表した。
 6月29日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、ドゥテルテ大統領は6月28日、マニラ首都圏(NCR)+近隣4州(ブラカン、リサール、ラグナ、カビテ)を7月15日まで「制限付き一般コミュニティー隔離(GCQ)」下に置くと発表した。
フィリピン中央銀行(BSP)は6月26日、2021年第1四半期(1月~3月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。
フィリピン中央銀行は(BSP)は、現在、年8回の金融委員会(MB)政策会合を開催している。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー