ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】比セブン-イレブン、待望の3,000店体制に

【フィリピン経済ニュース】比セブン-イレブン、待望の3,000店体制に

2021年7月16日

フィリピンのコンビニエンスストア(コンビニ)首位の比セブン-イレブンは、台湾系のプレジデント・チェーンストア(ラブアン)ホールディングスが53.863%(2021年6月末現在)を所有するフィリピン セブン社(PSC、証券コード:SEVN)によって運営されている。

PSCは1982年11月に設立され、1998年2月にフィリピン証券取引所(PSE)に上場した。1984年2月にケソン市エドサ通り沿いに1号店オープン、その後、店舗網拡充に注力、2010年に500店、2013年に1,000店、2017年1月に2,000店を突破、2020年末には2,978店となった。2020年は175店を出店したが、目標の350店を大幅に下回り、61店の閉鎖もあり、年間で114店の純増とどまった。2020年前半に3,000店体制という目標を掲げていたが、新型コロナウイルス問題でその目標達成は遅れることになってしまった。

PSCの2021年第1四半期(1月~3月)事業報告書によると、比セブン-イレブンの2021年3月末の店舗数は2,981店、前年末の2,916店から65店、率にして2%の純増となった。2020年末の2,978店からは3店の純増となっている。比ミニストップ(464店)や比ローソン(推定67店)などとの差を拡大させている。

2021年3月末のセブン-イレブンの店舗数2,981店の地域別内訳は、ルソン地域2,260店(うちマニラ首都圏999店)、セブを中心とするビサヤ地域434店、ダバオを中心とするミンダナオ地域287店。また自営店が45%、フランチャイズ店が55%となっている。ただし、総店舗数の10%が臨時休業状態である。

当面はカラバルソン(カビテ州、ラグナ州、バタンガス州、リサール州、ケソン州)など、マニラ首都圏郊外の成長地域への出店に注力する方針である。そして7月10日、ルソン島中部ブラカン州メイカウアヤン市メイウッドでの新規出店により、3,000店体制となった。

 

その他の記事

BGC「2セレンドラ」の向かいにあるHigh Street South Corporate Plaza Tower 内に、新たなクリニックが誕生。女性医師が対応し、日本語通訳は常駐。各種保険にも対応しており、キャッシュレス支払いも可能です。

【マカティ・BGC】海外での急な病気や怪我の際も安心して病院で診察できるよう、患者のサポートをしています。日本語対応可ドクター在中、夜間土日も対応可能です。

【マカティ・アラバン】医療をベースにした、お肌とカラダの美容治療を15年にわたりご提供しております。

総合病院/予約必要/日本語対応可/女医在籍

マカティ・メディカル・センターは、ドイツ、日本、アメリカからのワールドクラスに
匹敵する装置を完備、幅広い細胞研究に対応できる機能を取り揃えています。

各国の外交官も通院する、ベルナルド・デンタルオフィス。48年の経験を持つベテラン歯科です。

2006年にオープンして以来、私たちO2 スキンケア&レーザークリニックは、フェイシャル及び皮膚に関する最新のトリートメントをみなさまに提供してきました。

【マカティ】高品質、思いやり、そして痛みのない歯科サービスを提供

マカティから車で約45分。
3つのPEZA工業団地の中間に位置している高度医療機関。

【マカティ】最新の設備、快適な診療室でfASHION sMILEの歯科医師がお口の中のトラブルを改善、解決します。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you