ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】7月の外資直接投資(FDI)、64%減の4億6千万ドル

【フィリピン経済ニュース】7月の外資直接投資(FDI)、64%減の4億6千万ドル

2022年10月11日

フィリピン中央銀行(BSP)は10月10日、2022年7月の外資直接投資(FDI)速報を発表した。それによると、7月の外資直接投資(FDI)の純流入額は前年同月比(以下同様)64.4%減の4億6,000万米ドルにとどまり、2021年5月の4億5,500万米ドル以来、14カ月ぶりの低水準となった。

 

7月のFDI純流入額の減少は、非居住者による現地グループ企業の債券引き受けが、返済額の増加で、80.6%減の2億1,300万米ドルと急減したことによる。これにより、結果的に、自己資本への純投資の増加効果が抑えられた。7月の新規投資の大部分は、シンガポール、日本、米国からで、主に建設(33%)、製造業(24%)、不動産業(18%)等へ投資された。

 

2022年年初7カ月では、FDI純流入額は前年同期比(以下、同様)12.0%減の51億0,100万米ドル。世界的に厳しい状況が続く中、外国人投資家は引き続き模様眺めの姿勢を維持している。全ての項目で前年同期を下回ったが、特に非居住者の債券引き受けが12.6%減の35億5,500万米ドルと落ち込んだのが響いた。7カ月間の新規投資の大部分は、日本、米国、シンガポール、マレーシアからで、主に、製造業(31%)、不動産業(21%)、建設業(15%)、金融・保険業(12%)へ投資された。

 

なお、BSPのFDI統計は、国際収支及び国際投資ポジション第6版(BPM6)に基づいており、実際の投資の流入を対象としている。一方、投資促進機関の投資認可額を情報源としているフィリピン統計庁(PSA)発行の外資投資認可データは「投資の約束」であり、実際の投資額ではない。

 

その他の記事

三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹、本社:東京都新宿区)、野村不動産(本社:東京都新宿区)、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド(本社:マニラ首都圏マ…続きを読む

フィリピン最大の自動車イベントである「第8回フィリピン国際モーターショー(PIMS)」が、2022年9月15日~18日、マニラ首都圏パサイ市の世界貿易センターで開催される。

フィリピン関税局バタンガス港オフィス(BOC-POB)は8月に設立65周年記念式典を開催、バタンガス港の拡充プログラムや取り組みに貢献したロケーターや輸出入企業を表彰した。

 アボイティス財閥の旗艦企業アボイティス エクイティ ベンチャー(証券コード:AEV)が、傘下のインフラ企業であるアボイティスインフラ キャピタル(AIC)を通じて、マクタン セブ国際空港(MCIA)の運営権等を2段階方式で取得する。

お好み焼専門店の老舗「ぼてぢゅう」を運営する「ぼてぢゅうグループ」(本社:大阪府大阪市)は、フィリピンで新業態「BOTEJYUラーメンハウス」を展開する。

 フェルディナンド・マルコス フィリピン共和国第17代大統領は、7月25日(月)、バタサン・パンバンサ(下院議事堂、マニラ首都圏ケソン市)で、大統領に就任して初めての施政方針演説(SONA)を行う。

日本航空(JAL)が、6月30日、JALグループマンスリーレポート2022年5月版を発表した。フィリピンを含む東南アジア線は449.5%増(約5.5倍)の11万7,034人と、低水準であった前年同月からは大幅増加となった。

日本厚生労働省は、「フィリピンが日本を医薬品簡略審査の対象国に指定した」と発表した。

6月15日、ユニクロ フィリピン(比ユニクロ)が開業10周年を迎えた。現在、10周年記念として、セールやプロモが展開されている。

2022年6月3日のペソ対米ドル終値は、1米ドル=52.860ペソで、前営業日の52.800ペソから0.060ペソ続落した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you