ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】マルコス大統領、7月25日に初の施政方針演説

【フィリピン経済ニュース】マルコス大統領、7月25日に初の施政方針演説

2022年7月24日

フェルディナンド・マルコス フィリピン共和国第17代大統領は、7月25日(月)、バタサン・パンバンサ(下院議事堂、マニラ首都圏ケソン市)で、大統領に就任して初めての施政方針演説(SONA)を行う。

 

今回のSONAのテーマは、「Healing the Nation: The Journey to Economic Recovery and Transformation.(国を癒す:経済回復と変革への旅)」である。そして、特に、政府の経済アジェンダ、新型コロナウイルス(COVID-19 )への対応、対面授業の全面再開、食料安全保障を確保するためのイニシアチブなどへ焦点が当てられると見られる。

 

マルコス大統領は、自身の公式Facebookのページで、国民に、施政方針演説に耳を傾け、国の状況や政府の計画及び目標を知るよう呼びかけている。また、主要地点に、SONAの状況を伝えるデジタルサイネージ(電光掲示板)を設置している。

 

1987年フィリピン共和国憲法で、大統領の施政方針演説(SONA)は、下院定例会議の開会時に行われるものと定められている。また、下院定例会議の開会は毎年7月の第4月曜日と規定されている。メンドーサ下院議長は先に、依然新型コロナ禍ではあるが、SONAには、下院議員300人、上院議員24人、外交団のメンバーを含む約1,200人が入場可能と述べている。

 

2019年以来、議会がフルキャパシティーで人々を受け入れるのは初めてである。ドゥテルテ前大統領の最後の2回のSONAは新型コロナ禍ということで、ライブと仮想のハイブリッド形式で行われた。

 

その他の記事

日本厚生労働省は、「フィリピンが日本を医薬品簡略審査の対象国に指定した」と発表した。

6月15日、ユニクロ フィリピン(比ユニクロ)が開業10周年を迎えた。現在、10周年記念として、セールやプロモが展開されている。

2022年6月3日のペソ対米ドル終値は、1米ドル=52.860ペソで、前営業日の52.800ペソから0.060ペソ続落した。

新興感染症管理のための省庁間タスクフォース(IATF)は、5月26日、決議168S-2022号において、新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加)接種を受けた18歳以上の外国人が入国する際、これまで必要とされていた入国前に実施した新型コロナ検査の陰性証明書の提示を不要とすると発表した。2022年5月30日からの措置である。

フェルディナンド・マルコス次期大統領による経済閣僚の選出、氏名が進展しつつある。

日本外務省によると、5月20日午前、岸田文雄内閣総理大臣は、フェルディナンド・マルコス・フィリピン共和国次期大統領と電話会談を行った。概要は以下のとおり。

大統領選挙投票後の1週間(5月9日は投票日で休日、4営業日)の株価が急落、前回2016年のドゥテルテ氏当選時の祝賀相場とは真逆の動きとなった。

フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2022年第1四半期(1月~3月)のフィリピンの国内総生産(GDP)実質成長率は8.3%で、前期の7.8%から加速、前年同期のマイナス3.8%からは急改善した。

5月9日投票の2022年総選挙において、大統領選、副大統領選ともに下馬評通りの結果となった。

フィリピン統計庁(PSA)は4月20日、2021年の貿易統計(確定値)を発表した。それによると、2021年の総貿易額は前年比(以下、同様)24.2%増の1,92…続きを読む

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you