ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】10月のインフレ率4.6%、首都圏は3.2%

【フィリピン経済ニュース】10月のインフレ率4.6%、首都圏は3.2%

2021年11月8日

フィリピン統計庁(PSA)によると、2021年10月の総合インフレ率(消費者物価指数、2012年=100)は4.6%と前月から0.2%ポイント鈍化、3カ月ぶりの低水準となったものの、2021年年初から10カ月連続の4%台であった。

 

10月のインフレ率は、フィリピン中央銀行(BSP)のインフレ事前予想範囲(4.5%~5.3%)に収まったが、2021年年初10カ月の平均インフレ率は4.5%と、政府の2021年インフレ目標(2.0%~4.0%)の上限を超えている。特定食品・エネルギー関連品目等変動の激しい品目を除いた10月のコアインフレ率は3.4%で前月から0.1%ポイント上昇した。

 

10月のインフレ率減速の主な要因は、肉・魚・野菜など主要食品の価格上昇ピッチが鈍くなり、物価指数構成比の最も大きな部分を占める食品・非アルコール飲料の価格上昇率が5.3%と前月の6.2%から減速したことである。鈍化傾向は、酒類・たばこ、教育、外食・サービス他にも見られた。一方、上昇率が加速したのは、住宅・水道・光熱費、家具・住宅設備管理、交通・輸送、健康・医療、娯楽・文化だった。

 

総合インフレ率を地域別で見ると、首都圏(NCR)は3.2%で前月から0.3%ポイント鈍化、地方は5.0%で前月から0.2%ポイント鈍化した。インフレ率が最も高かった地域は、ビコール(6.6%)、次いでカガヤン・バレー(6.5%)。最もインフレ率が低かった地域は、ムスリム・ミンダナオ・バンサモロ自治区(BARMM、2.4%)、カラガ(3.5%)だった。

 

なお、フィリピン中央銀行(BSP)発表によると、10月の総合インフレ率4.6%への寄与度は、食品・非アルコール飲料2.0%(うち食品2.0%)、交通・輸送費0.6%、住宅・水道・光熱費1.0%、外食・サービス他0.5%、酒類・たばこ0.2%、家具・住宅設備管理0.1%、健康・医療0.1%、衣料・履物類0.1%、通信0.0%、娯楽・文化0.0%、教育0.0%。

 

2021年年初10カ月の平均総合インフレ率4.5%への寄与度は、食品・非アルコール飲料2.1%(うち食品2.1%)、交通・輸送費0.8%、外食・サービス他0.4%、住宅・水道・光熱費0.5%、酒類・たばこ0.2%、家具・住宅設備管理0.1%、健康・医療0.1%、衣料・履物類0.1%、通信0.0%、娯楽・文化0.0%、教育0.0%だった。

 

その他の記事

2021年8月の包括的フィリピン人海外就労者(OFW)本国送金額(速報値)は前年同月比4.8%増の28億8,900万米ドル。前年同月比で7カ月間連続の増加となった。

米国フォーブス誌が、10月12日、「世界最高の雇用主」ランキング2021年版を発表した。このランキングは市場調査企業スタティスタと共同で毎年作成しており、今年で5回目の発表となる。

10月10日にフィリピン政府通信社は、「統計庁(PSA)予備報告によると、2020年の出生数は急減、34年間で最低となった」と発表した。

2021年ノーベル平和賞は、フィリピンのネットメディア「ラップラー」の共同創設者であり最高経営責任者(CEO)であるマリア・レッサ氏と、ロシアのリベラル紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」編集長のドミトリー・ムラトフ氏に授与される。

アヤラ系の発電企業ACエナジー(PSE証券コード:ACEN)は、10月6日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧06648-2021号を通じて、「丸紅100%子会社であるAXIAパワーホールディングス(AXIA)と、ACENグループとのリサール州のクイックレスポンス発電所(150MW)が稼働する」と発表した。

経済産業省は、日本の企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、日本企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表している。この…続きを読む

上院は、9月20日、小売業自由化法の改正のための両院合同委員会の調整案を批准した。この改正法案は、外国の小売業者のフィリピン小売市場参入の資本要件を250万米ドルから50万米ドル、または約1億2,500万ペソから2,500万ペソに引き下げるとしている。

ドゥテルテ大統領は9月10日、布告1218号において、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック対応措置として発令していた国家災害事態(state of calamity)宣言を、2022年9月12日まで1年間延長すると発表した。

電通で海外事業を推進するグローバル ビジネス センターと、電通総研は、2021年7月に12カ国(日本、ドイツ、イギリス、アメリカ、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)を対象に「サステナブル・ライフスタイル意識調査2021」を共同で実施、その結果を、9月8日に発表した。

9月6日のコロナ感染は、過去最高の2万2,415人になった。地域別最多はマニラ首都圏だった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you