ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】7月25日、携帯SIMカードの登録期限終了

【フィリピン経済ニュース】7月25日、携帯SIMカードの登録期限終了

2023年7月21日

24日時点の登録枚数約1億、登録率63.04%

 

国家電気通信委員会(NTC)のデータによると、7月25日の登録期限前日の24日23時59分時点で、SIMカード(加入者識別モジュール)登録枚数は1億0,591万7,844枚、すなわち登録者総数1億6,801万6,400人の63.04%に当たる。

公共電気通信サービス会社の登録状況は、Smart(スマート)が4,999万0,446枚(登録率75.39%)、Globe(グローブ)が4,837万8,674枚(同55.77%)、DITO(ディト)が754万8,724枚(同50.44%)。

NTCは、アクティブユーザーのSIMのほぼ全てが登録済みであるとの報告から、目標の1億~1億1,000万の登録を達成しているとの見方を示した。2020年フィリピン国勢調査時点のフィリピンの総人口1億903万5,343人に対し、SIM登録者数が1億591万7,844人という数字は満足できるものと言える。

なお2022年10月、携帯電話などの悪用によるサイバー犯罪を阻止するための「SIMカード登録義務化法(共和国法第11934号)」が成立。この法案は携帯電話などを利用した犯罪の急増を防ぐために、公共電気通信事業体(PTE)に、販売とアクティベーションの前提条件としてSIMカードの登録を要求することを義務付けている。携帯電話加入者やWiFi用SIMカード取得者は氏名、生年月日、住所、身元を確認できる政府発行の有効なID等必要な情報を入力し、登録する。当初の登録期限は2023年4月26日であったが、3カ月間延長されたという経緯がある。

 

 

その他の記事

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

セブン・グローバルレミットは、セブン銀行の100%子会社です。日本からフィリピンへの海外送金サービス「Sendy」をご提供しています。

日本で一番多くメガネを販売しているJINS。日本の商品、サービスそのままに、マニラ市内の8つのモールに店舗を構え、様々な種類のメガネとレンズを扱っています。

日本で20年以上にわたり冷風機を開発・製造・販売してきており、フィリピンでは2017年から販売しております。

1998年の設立以来 25年間 セイコーエプソングループのフィリピン国内におけるマーケティング、セールスを担っております。 マニラ(オルティガス)、セブ、ダバオにオフィス、ソリューションセンターを擁し、フィリピンのお客様の期待を超える製品・サービスをお届けするべく、現在は社員120名(日本人1名)で創造と挑戦を重ねております。

パーソルフィリピンは、日本で転職サービスの「doda」や派遣の「テンプスタッフ」などのサービスを提供しているパーソルホールディングスのフィリピン拠点です。
フィリピンでは人材紹介業に関する外資規制がある為、フィリピン最大手の人材会社であるJOHNCLEMENTSと事業提携しております。
JOHNCLEMENTSのJapan Deskに、パーソルが営業を派遣しています。

長野県茅野市に本社の有る宮坂ゴム株式会社(1970年操業)の現地法人です。
宮坂ポリマーフィリピンは、宮坂グループで海外最初の拠点として1995年に操業を開始。

弊社はユーザーエクスペリエンスを最優先にソフトウェアを設計しており、クラウドベースの会計・財務情報システム「EasyFS」、給与計算・人事システム「EasyHR」、BIR公認の販売時点情報管理・在庫管理システム「EasyPOS」の提供をしており、企業様にご活用いただいております。

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you