ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】追加接種外国人、入国前のコロナ陰性証明書不要に

【フィリピン経済ニュース】追加接種外国人、入国前のコロナ陰性証明書不要に

2022年5月30日

新興感染症管理のための省庁間タスクフォース(IATF)は、5月26日、決議168S-2022号において、新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加)接種を受けた18歳以上の外国人が入国する際、これまで必要とされていた入国前に実施した新型コロナ検査の陰性証明書の提示を不要とすると発表した。2022年5月30日からの措置である。

 

また、12歳から17歳までの外国人に関しては規定回数のワクチン接種(ファイザー製やモデルナ製などは2回、ジョンソン&ジョンソン製などは1回)を完了していれば、新型コロナ検査の陰性証明書の提示は不要となる。12歳以下の子供に関しては、ワクチン接種の有無に関係なく、親や保護者がブースター(追加)接種を受けていれば、陰性証明書の提示は不要である。

 

また、これまで観光客など短期滞在者は、滞在中の新型コロナウイルス感染の入院や治療費をカバーする旅行保険(最低補償額3万5,000米ドル以上)に加入していることが義務付けられていたが、義務ではなくなる。ただし、加入は強く推奨される。

 

これらの新たなガイドラインは、より多くの外国人に来比を促すと期待される。現在、1日当たり平均到着者数は1万5,000人で、新型コロナ禍前の通常の水準にはまだ達していないが、徐々に勢いを増している。到着者数が最も多かったのは2019年で、1日当たり約4万5,000人だった。フィリピンは今年2月10日から外国人旅行者の入国を許可し、徐々に到着者数が増えている。

 

その他の記事

日本外務省によると、5月20日午前、岸田文雄内閣総理大臣は、フェルディナンド・マルコス・フィリピン共和国次期大統領と電話会談を行った。概要は以下のとおり。

大統領選挙投票後の1週間(5月9日は投票日で休日、4営業日)の株価が急落、前回2016年のドゥテルテ氏当選時の祝賀相場とは真逆の動きとなった。

フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2022年第1四半期(1月~3月)のフィリピンの国内総生産(GDP)実質成長率は8.3%で、前期の7.8%から加速、前年同期のマイナス3.8%からは急改善した。

5月9日投票の2022年総選挙において、大統領選、副大統領選ともに下馬評通りの結果となった。

フィリピン統計庁(PSA)は4月20日、2021年の貿易統計(確定値)を発表した。それによると、2021年の総貿易額は前年比(以下、同様)24.2%増の1,92…続きを読む

4月18日、北海道大学(北大)は、「フィリピンの宇宙機関であるフィリピン宇宙庁(PhilSA)との間で、3月4日、大学として世界で初めて連携協定を締結した」と発…続きを読む

フィリピン統計庁(PSA)は4月7日、2022年2月の労働力調査(LFS)速報を発表した。それによると、2022年2月の15歳以上の失業率は6.4%(速報値)で前月(2022年1月)から変わらずであった。前年同月の8.8%からは2.4%ポイント低下した。

フィリピン統計庁(PSA)の発表によると、2022年3月の総合インフレ率(消費者物価指数、2018年=100)は4.0%となり、2021年10月以来、5カ月ぶりの高水準となった。

フィリピンの格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(ブランド名:セブ・パシフィック航空、証券コード:CEB)は2月23日、2021年第4四半期(10月~12月)及び年間の運航実績(完全子会社CEBGOも含む)を公表した。

双日は、2月8日、「フィリピン大手財閥ユーチェンコグループ傘下の主要企業であるハウス オブ インベストメンツ(証券コード:HI)が進めるオフィスビル再開発事業「The Yuchengco Centre(ジ ユーチェンコ センター)プロジェクト」に参画すべく、HI傘下の特別目的会社であるサン ロレンツォ ルイーズインベストメントホールディングス(SLR)に対し、約60億円の増資引き受けおよび株式取得を行った」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you