ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > フィリピンの珍味バロットの食べ方

フィリピンの珍味バロットの食べ方
2023年04月27日更新

Balut(バロット)とは、孵化する前のアヒルの卵をゆで卵にしたもので、フィリピンの中では有名なストリードフードの一つです。科学的な根拠はないものの、バロットは媚薬と信じられており、そのためか、夜になると売り始めることが多いんだとか。また、二日酔いに効くという説もあるそうです。

 

バロットは屋台や通りでのみ買うことができるので、「バロォーーーーーッ!」と、売り歩いている人の声が聞こえた時がチャンスです! 見つけた時は「バロット!」と叫び、呼び止めます。

 

【バロットの食べ方】

(写真)殻の先を空けたバロット。スープは鶏がらスープの味と似ています。

 

まず殻の先の部分だけを空け、中のスープをすすります。

(保温された籠の中から熱々なものが渡されるので、ヤケドにはご注意!)

 

スープをすすった後はゆっくりと殻をむきます。

 

(写真)黄身の部分

 

味付けに、お好みで粗塩またはお酢をつけてお召し上がり下さい。黄身は、外側が少しぬるぬるしている以外は、普通の卵の黄身と同じように見えます。

 

 

 

(写真)雛の部分。

 

目や羽、くちばしなどが未発達な状態の雛を見ると、初めて食べる方にとっては少し勇気がいるかもしれません。

 

 

 

 

 

(写真)バトの部分。

 

最後に、一番下には、「石」を意味するバトと呼ばれる部分が出てきます。硬い部分で、なんとなく消しゴムを想像させるような食感があります。

 

 

 

 

バロットは、日数によって種類があり、18日目の卵が最も美味とされているそう。孵化する前の卵を茹でたものなので雛の形がある程度作られており、その見た目が苦手な方は、雛の形がまだない“penoy”(ペノイ)を食べるそうです。

 

バロットはフィリピン人にとって最高のビールのおつまみとされています!ビジネス街で見かけることは少ないですが、ストリートの屋台やウェットマーケットなどで15ペソ程度~、購入することができます。温かいうちに食べるのがおいしいとされ、買ってすぐその場で食べる方も多いようです。是非一度体験してみてはいかがですか♪

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Sena
「自己紹介」   フィリピン大好き!なインターン生です。
マニラの隠れスポットを探し回っています
趣味はサーフィンです。

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2024年06月11日

6月16日(日)は父の日!愛するお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝える特別な方法を探している方も多いのではないでしょうか?ここでは、忘れられない父の日を演出するレストラン、カフェ、ホテルやその他のスポットをご紹介します。ぜひ参考にして、マニラで素敵な父の日をお過ごしください!

2024年06月03日

【初便がマニラへ!】2024年6月3日、日本航空(JAL)は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催を記念し、公式キャラクター「ミャクミャク」などオリジナルデザインの特別塗装を施した「JAL ミャクミャクJET」の国際線運航を開始!初便となる羽田発マニラ便が朝6:00にマニラ ニノイ・アキノ国際空港に到着しました!

2024年05月27日

今回の特集では、高級店から、リーズナブルにいただけるお店まで、メトロマニラの人気ステーキ店をご紹介します!ビジネス烈伝では、マラヤン保険副社長/東京海上日動火災マニラ首席駐在員・マニラ日本人会会長 岡本 和典氏に、フィリピンの提携先、マラヤンインシュアランスとの関係や、フィリピンの保険業の動向についてお話を伺いました。

2024年05月26日

在フィリピン日本国大使館は5月30日、交通トラブルに関する注意喚起を行っています。

2024年05月09日

5月12日(日)は母の日♪特別なおもてなしをお探しの方へ、母の日の思い出に残る素敵なレストラン、ラグジュアリーホテルをご紹介します!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you