ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピン入国記】2月最新!必要な書類や手続き情報

【フィリピン入国記】2月最新!必要な書類や手続き情報
2022年02月18日更新

観光目的でのフィリピン入国が許可され、少しづつ日本とフィリピンの往来も活発になってきています。現在日本からフィリピンに入国する際は、どのようなポイントに気をつける必要があるのでしょうか?今回プライマー編集部では、2月16日に羽田空港からマニラに移動した方にインタビューを行い、最新情報を教えていただきました!

入国ルール:観光目的の場合

フィリピン政府は2月3日、2022年2月10日からの外国人のフィリピンへの入国に関するルール変更を発表しました。日本からは30日以内の商用・観光目的であれば、フィリピンへの入国が認められます!

 

<ポイント>

・ビザの取得は免除(フィリピン到着の時点で旅券の残存有効期間が6か月以上あること)

 

・出発国出発日時から14日間以上前に、2回接種するワクチンを2回接種済みである、あるいは1回接種するワクチンを接種済みであること

 

・下記のいずれかのワクチン接種証明書を出発国出発時の航空機搭乗時、及びフィリピン到着時に提示すること

 

(ア)世界保健機関(WHO)が発行した国際ワクチン接種証明書
(イ)VaxCertPH
(ウ)相互の取り決めのもとでVaxCertPHを受け入れた外国政府(※)の国内デジタル証明書または接種証明書  ※日本も含まれます。
(エ)その他フィリピン政府が許可するワクチン接種証明書

 

One Health Passに事前に登録すること

 

・フィリピン到着時、出発国出発前48時間以内の陰性のPCR検査結果を提示すること

 

・フィリピン到着日から30日以内にフィリピンから帰国・出国するための航空券を所持すること

 

・フィリピン到着前に、信頼できる保険会社による、フィリピン国内滞在中の新型コロナウイルス感染症治療のための海外旅行保険(最低補償額3万5,000米ドル)に加入していること

 

※観光目的での入国ルールの詳細はこちらから!

 

入国ルール:就労ビザ保有者の場合(9Gなど)

<ポイント>

・出発国出発日時から14日間以上前に、2回接種するワクチンを2回接種済みである、あるいは1回接種するワクチンを接種済みであること

 

・下記のいずれかのワクチン接種証明書を出発国出発時の航空機搭乗時、及びフィリピン到着時に提示すること

 

(ア)世界保健機関(WHO)が発行した国際ワクチン接種証明書
(イ)VaxCertPH
(ウ)相互の取り決めのもとでVaxCertPHを受け入れた外国政府(※)の国内デジタル証明書または接種証明書  ※日本はこれに含まれます。
(エ)その他フィリピン政府が許可するワクチン接種証明書

 

One Health Passに事前に登録すること

 

・就労ビザ保有者は保険加入の必要はない(9(A)の場合はビザ取得時に、フィリピン滞在期間中の最低補償額3万5,000米ドルである保険の加入が必要です

 

※それぞれのビザの詳細や申請方法については、在日フィリピン大使館のHPからご確認いただけます。

 

最新!フィリピンへの入国事例

 

今回プライマー編集部では、2月16日に羽田空港からマニラに移動した方(9Gビザ保持者)にインタビューを行いました!最新の事例をご紹介します。

 

羽田空港出国時

さすがにコロナ禍ということもあって、空港は閑散としていました。

 

フィリピン入国前にOne Health Passの登録が必要ですので、念のため確認しておきました。

日本を出る際は、ワクチン証明と陰性証明(英語)が必須でした。

 

空港カウンターでは、One Health Pass のQRを用意できているかどうかの確認をうけました。

 

フィリピン到着時

 

マニラのターミナル2に到着すると、最初にワクチン接種済みか否かで乗客が区分されました。同じ飛行機に搭乗していたフィリピンの方の中には、ワクチンを接種していない方が意外にも多かったように感じました。

 

私の場合は接種済みでしたので「Fully Vaccinated」のレーンに進みました。そこでOne Health Pass のQRコードをスキャンされ、ワクチン証明とPCR検査証明書を提示しました。ワクチン証明はVaxCertPHではなく、携帯にデータとして入っているソフトコピーでOKでした。

 

その後入国審査に進みました。入国審査は1分もかからないほどスムーズでした。

そして荷物を受け取り、最後税関の前でもう一度One Health Pass をスキャン。その後小さなタグ(required swabやNo Swab Testと記載があります)を受け取り、税関を通過しました。

 

タグはとても小さいため紛失しやすいのですが、「落としてしまいました」と言うとすぐに再発行してもらえました。最後に空港出口のドアにいる軍のスタッフにタグを渡して、帰路につきました。

 

※掲載内容は2022年2月18日時点での情報です。最新の出入国関連情報は在フィリピン日本国大使館フィリピン入国管理局フィリピン観光省のサイトをご確認ください!

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年02月17日

新型コロナウイルスの水際対策をめぐり、日本では1月下旬に入国後の待機期間などに変更がありました。現在フィリピンから日本に入国する際は、どのようなポイントに気をつける必要があるのでしょうか?今回プライマー編集部では、2月2日にマニラから羽田空港へ移動した方にインタビューを行い、最新情報とアドバイスを教えていただきました!

2022年02月17日

フィリピン出入国の緩和が発表され、徐々に人の往来が増えてきそうな兆しが見えつつありますね。現在東京ヘルスリンクや神戸クリニックでは、新型コロナに関する様々な検査を実施しています。特別キャンペーンなども実施していますので、ぜひチェックしてみてください!

2022年02月15日

在フィリピン日本国大使館は2月15日、フィリピン在住の日本人を対象とした新型コロナ・ワクチン接種(5 ~11歳に対するワクチン接種に関する情報)についてお知らせしました。

2022年02月15日

在フィリピン日本国大使館は2月14日、フィリピン政府は、2月16日から2月28日までのそれぞれの地域の警戒レベルを発表しました。

2022年02月15日

在フィリピン日本国大使館は2月14日、大統領選挙等に伴う注意喚起のお知らせしました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you