ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【領事班からのお知らせ】刑務所からの逃走事案に関する注意喚起

【領事班からのお知らせ】刑務所からの逃走事案に関する注意喚起
2022年01月18日更新

在フィリピン日本国大使館は2022年1月18日、フィリピン警察が、モンテンルパ市所在のニュービリビッド刑務所から凶悪犯の逃走事案が発生し、現在、2名が逃走中であること、また、同逃走者2名は武装している可能性が高い旨発表しました。

【ポイント】
●フィリピン警察が、モンテンルパ市所在のニュービリビッド刑務所から凶悪犯の逃走事案が発生し、現在、2名が逃走中であること、また、同逃走者2名は武装している可能性が高い旨発表しました。

【本文】
1 フィリピン首都圏警察(NCRPO)によれば、1月17日、モンテンルパ市所在のニュービリビッド刑務所から凶悪犯の逃走事案が発生し、現時点で、2名が逃走中であること、また、同逃走者2名は武装している可能性が高く、現在、フィリピン国家警察(PNP)が身柄を捜索しているとのことです。
 PNPは、一般市民に対して警戒を呼びかけるとともに、同逃走者の所在把握につながる情報がある場合には、躊躇なく警察に通報することを呼びかけています。

2 在留邦人の皆様におかれては、ご自宅の戸締りを厳重に行い、また、外出時には十分に注意するよう、お願いします。

【NCRPO発表】
https://ncrpo.pnp.gov.ph/regional-director-ncrpo-statement-re-fugutives-who-bolted-from-nbp/?fbclid=IwAR3Pa3at8jFmJvhj1s-gkL-TW0d_VJraz89wz0tbdTqVawW0nMfGsHmeTKQ


・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
在留届( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )
メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )

 


問い合わせ窓口

 

○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ日本国総領事館
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年01月17日

マカティセントラルスクエアに、日本語書籍を取り揃えた書店がオープンしました!

2022年01月13日

BDOジャパンデスクがマニラ日本人学校(MJS)の小学生を対象にウェビナーを開催しました!お金や銀行の役割を学びながら、将来のキャリアについても考えられる貴重な機会。生徒さんたちも楽しそうに頷きながらお話を聞いていました♪

2022年01月11日

1月7日、日本において新たな水際対策措置が決定され、フィリピンを「水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国」及び「オミクロン株に対する指定国」として指定されることとなりました。

2022年01月10日

現在世界的に急激に増加しつつあるオミクロン株・コロナ罹患者ですが、フィリピンにおける今の罹患情報、病院の状況などを、マニラにあるフィリピンの国立サンラザロ病院でコロナの治療チームを指揮している鈴木秀一さんに寄稿いただきました。
今回は速報として掲載しますが、今後適宜情報をお寄せくださる予定です。正しい情報の把握にぜひお役立てください。

2022年01月06日

在フィリピン日本国大使館は2022年1月6日、フィリピン政府は、2021年12月29日に発表した警戒レベルの「レベル2」継続について、ラグナ州を2022年1月7日から1月15日まで、「レベル3」に再変更することを発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you