ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】マニラ首都圏で12月から車両ナンバー規制を再導入 (フィリピン)

【JETROフィリピンから】マニラ首都圏で12月から車両ナンバー規制を再導入 (フィリピン)
2021年12月04日更新

JETROフィリピンは8日、マニラ首都圏での12月から車両ナンバー規制についての情報を発表しました。


フィリピンのマニラ首都圏開発庁(MMDA)は、マニラ首都圏で車両ナンバー規制(UVVRP)を再導入することを11月30日に発表し、12月1日から実施した。UVVRPは首都圏の交通渋滞を緩和することを目的として1995年から実施されてきたが、2020年に新型コロナウイルス感染拡大により適用が一時停止されていた(政府通信社11月30日付)。

 

措置の概要は以下のとおり。

 

(1)UVVRPの適用対象は自家用車。トライシクルや必需品・生鮮品を運搬する車両は適用対象外。

(2)祝日を除く月曜日から金曜日の午後5時から午後8時までが走行規制時間。

(3)車両番号と走行規制日の関係は以下のとおり、

  • 車両番号の末尾が「1」と「2」:月曜日
  • 車両番号の末尾が「3」と「4」:火曜日
  • 車両番号の末尾が「5」と「6」:水曜日
  • 車両番号の末尾が「7」と「8」:木曜日
  • 車両番号の末尾が「9」と「0」:金曜日

深刻な首都圏の交通渋滞に対処

 

オランダのカーナビゲーション・電子地図サービス企業のトムトムが2021年1月に発表した「トラフィックインデックス2020」によると、世界57カ国・416都市の中で、マニラは世界で2番目に交通渋滞水準が高い(「インクワイアラー」紙1月15日)。

 

MMDAが調査を行ったところ、現在の交通状況は新型コロナウイルス感染拡大前の混雑水準に近づきつつあると分析した。MMDAのベンフール・アバロス長官は、幹線道路EDSAの一部で渋滞が深刻化しており、ラッシュアワー時にUVVRPを再導入するに至ったとコメントした。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)



(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

 

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年12月03日

在フィリピン日本国大使館は12月3日、フィリピン政府は、12月3日以降の「レッド」国/管轄区域/地域以外の国/管轄区域/地域からフィリピンに入国するすべての渡航者の検査・検疫規則を再変更することを発表しました。また、アパヤオ州(コルディリエラ行政区域(CAR))の警戒レベルを「2」に変更することも発表しました。

2021年12月01日

もうすぐクリスマス!ご家族や友人にそろそろプレゼントを準備している方も多いのではないでしょうか。そこで今回はラッピングや包装紙、ボックス、リボンなどがバッチリ揃うマニラ周辺のショップをご紹介。プレゼントをより素敵にしたい、手先が不器用でラッピングは苦手という人はぜひラッピングサービスもチェックしてみてください♪

2021年11月29日

フィリピン政府は28日、新型コロナウイルスの水際対策で「低リスク」(グリーン)に指定している国・地域からの観光客の受け入れ再開を中止すると発表しました。最新のフィリピン出入国情報をお届けします!

2021年11月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、フィリピン政府は、12月1日から12月15日までの間、完全にワクチン接種し、ビザが必要とされていない国の完全にワクチン接種した渡航者は、条件付きでビザなしでの入国を許可することを発表しました。

2021年11月26日

在フィリピン日本国大使館は26日、フィリピン政府は、12月1日から12月15日までの間、完全にワクチン接種し、ビザが必要とされていない国の完全にワクチン接種した渡航者は、条件付きでビザなしでの入国を許可することを発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you