ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピン速報】首都圏マニラは16日以降、アラートレベル4に

【フィリピン速報】首都圏マニラは16日以降、アラートレベル4に
2021年09月14日更新

フィリピン政府は14日、マニラ首都圏のコミュニティー隔離措置を16日以降「アラートレベル4」に変更すると発表しました。

フィリピン政府は14日、新型コロナウイルス感染症のコミュニティー隔離措置に関する情報を発表しました。マニラ首都圏は9月16日からgranular lockdown下の「アラートレベル4」に変更されます。

 

アラートレベル4とは

 

フィリピン政府の新しいガイドラインによると、新しい制度の中で2番目に高い警戒レベルである「Alert Level 4」(アラートレベル4)の地域は、新型コロナウイルス感染者の症例数が増加傾向にあり、病床全体とICUベッドの稼働率が高い地域とされています。

アラートレベル4の地域では、18歳以下と65歳以上、そして健康上の問題を抱えている人や妊娠中の方は基本的に外出が認められていません(生活用品の購入などをのぞく)。

 

また、屋内の観光スポットやレジャー施設、ジムやレクリエーション施設など大勢の人が集まる場所や、会議、宿泊施設などの運営も禁止されます。

RapplerのSNSサイトから引用

 

レストランのアルフレスコダイニングは、30%まで営業が許可されます。屋内飲食は10%まで許可されますが、ワクチンを接種した方に限り入店が認められます。

 

また、屋外の理髪店やヘアスパ、ネイルスパや美容院などは30%までの営業が可能です。詳細はこちらの公式資料からご確認いただけます!

 

granular lockdownとは

 

「granular lockdown」とはフィリピンの自治体が新型コロナウイルス感染症のリスクが高いと判断した地域(クリティカルゾーン)で実施する、小規模なロックダウンのことです。

 

地域や都市全体を厳格なルールの下に置くのではなく、バランガイなどの小さな単位でハードロックダウンを行うものとしています。

 

引き続き、最新の情報をチェックしましょう!

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

 

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年09月13日

香港発のカフェ、The Coffee Academïcs(コーヒーアカデミー)が9月7日にBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)のHigh Street South Corporate Plaza(ハイストリート・サウス・コーポレート・プラザ)にフィリピン初の店舗をオープンしました!

2021年09月13日

在フィリピン日本国大使館は13日、2021年(令和3年)度後期用教科書の配布についての情報を発表しました。

2021年09月13日

MECQ下の首都圏マニラではレストランの店内、屋外飲食が禁止になっています。そこで今回はお家で楽しめる、マニラ周辺の最新のテイクアウト、デリバリー情報をご紹介いたします!

2021年09月10日

在フィリピン日本国大使館は10日、フィリピン在住の日本人を対象とした新型コロナ・ワクチン接種の案内に関するお知らせをしました。

2021年09月10日

JETROフィリピンは10日、フィリピン国内の観光業に関する情報を発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー