ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピンの製造業】金属加工関連の企業を特集!

【フィリピンの製造業】金属加工関連の企業を特集!
2021年11月12日更新

フィリピンの特性を活かしながら活躍する日系の製造業企業の中から、今回は金属加工関連の企業をご紹介します!

ARIGIS PHILS INC. / アリギスフィルズインク

 

0.6 ~ 6.0mm までの鉄板機械加工をパンチングとレーザーの複合機で加工することにより、工数を削減し、納期、コストダウンを提案しているアリギスフィルズインク。精密板金加工を、社内で一貫生産出来るのが強みだ。また、一般的な鉄加工だけではなくステンレスやアルミニウムにも対応しており、様々なクライアントの要望に応えている。曲げ加工は 80 トン圧機械、MIG 溶接、TIG 溶接設備があり多品種少量、単品加工、特急加工にも対応。少量、単品、特急生産にも対応し、加工が難しい製品も作り方を提案。クライアントが納得できる製品の供給にまい進する。

 

<問い合わせ先>

住所:Unit7 STARTS RENTAL FACTORY Greenfield Automotive Sta Rosa Philippines
営業時間:6:00〜5:00
電話:+639177059304
E-mail:[email protected]
WEB:https://arigis.co.jp/
担当者:吉澤 享

 

PHILIPPINE NISHIYAMA PIPE MFG.INC. / 株式会社 西山製作所

 

日系メーカーでフィリピン唯一、引抜鋼管を製造している株式会社 西山製作所。外形 2.0~mm、肉厚 0.2mm~3.5mm まで製造可能だ。優れた寸法精度により高精密引抜鋼管をフィリピン工場でも実現。熱処理も日本と同様に無酸化焼鈍炉を使用しているため、 ピッティングも無く肌質の良い製品に仕上がるという。同社の設備特性と優位性、独自のプロセスに基づく高い品質を強みに、フィリピン国内初の冷間引抜鋼管製造メーカーとして尽力する。2021 年 10 月にパイオニアステータスが認可をうけた。PEZA 企業。

 

<問い合わせ先>

住所:Lot 21,First Industrial Township-Special Economic Zone Barangay Pagaspas,Tanauan City,Batangas,Philippines
営業時間:7:00AM~4:00PM(11:00AM~12:00PM 休憩)
電話:+63(0)43-779-8020
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.nishiyama-ss.co.jp/
担当者:三浦 彰

 

PARTS SEIKO PHILIPPINES,INC. / パーツ精工フィリピン

 

本年 2021 年 3 月に社名を変更、新たに“Parts Seiko Philippines,Inc.(PSP)” としてスタートした同社。フィリピンではトップクラスとなる 320 台以上の機械台数を所持しており、圧倒的なキャパシティが強みの一つだ。多品種少量生産もまた同社の強み。表面処理からアッセンブリーまで一貫生産体制で完成品対応している。  品質管理にも尽力する同社は、3次元測定器など高性能な測定器を用い、クライアントが安心できる日本品質を届ける。日本人スタッフも5名おり、技術面、品質面など、どんな些細なことでも相談を受け、クライアントの “ 部品製造の一部署 ” となれるよう業務を推進している。

 

<問い合わせ先>
住所:Lot 16 Block 16 Main Avenue, Phase IV CEZ, Rosario,Cavite 4106, Philippines
営業時間:オフィス:7am ー 4pm(~7pmまで残業) ※工場は24H稼働
電話:+63(0)46-437-2437 (セールス直通)
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.parts-seiko.com/
担当者:望月 資朗

 

CASTEM Philippines Corporation / 株式会社キャステム

 

金型、素材、加工まで一貫生産が可能な株式会社キャステム。薄肉形状や複雑形状、異形内部構造を得意とし、他製法に比べ自由な設計ができることが大きな強みだ。  素材も、鉄、ステンレス、アルミ、銅合金など、幅広い材質の中から選択することができるのが特長。そのため、難切削材のコストダウンにもつながっている。同社では 3D プリンターを使っての試作の相談も受け付けている。


<問い合わせ先>

住所:Lot7&9, Block 15, Phase III, CAVITE ECONOMIC ZONE (CEZ) Rosario, Cavite, 4106 Philippines
電話番号:+63(0)46-437-1801  E-mail:[email protected]
WEB:https://www.castem.co.jp/
担当者:広本



ほかにもさまざまな企業の情報を、こちらでご紹介しています!
https://primer.ph/guide/business/manufacturing/


フィリピン製造業の特徴って?

フィリピンで製造業を展開する強みについて、ジェトロ・マニラ事務所安藤さんに解説していただきました!

 

フィリピン製造業の規模は?

IMF によるとフィリピンの米ドル建て GDP 総額は2020 年で 3620 億ドルと推定されます。製造業のシェアは約2割なので、約640億ドルになります。また、輸出型製造業の規模を試算すると、先ずGDPの物品輸出は総額の 14.2%で 510 億ドル。輸出の品目別内訳から農業、水産業、その他を除いた部分を概ね製造品とみなすと、その割合は 78.5%で 400 億ドルです。こうするとフィリピンの製造業と輸出型製造業の位置付けがざっと分かります。

 

製造業における日系企業のプレゼンスは?また業種別構造は?

 

 

 輸出型製造業においては、ご存じの通り外資系企業が主導的な役割を果たしています。また国別で見た場合、件数ベースでは日系が最も多いと思われます。付加価値額や売上等の数字はないですが、認可件数については、輸出型製造業の投資認可で最もシェアの大きい PEZA の資料があり、それを業種・品目別および資本国籍別に整理することが可能です。(表1)

 

表 1 フィリピン経済区庁の輸出製造案件内訳

註:件数はオリジナル案件のみカウント。日系は資本国籍に日本が含まれるもの全て
出所:フィリピン経済区庁認可案件リスト(2021 年 7 月 15日版)に基づきジェトロ作成

 

先ず、21 年 7 月 15 日現在の資料を基に数えると、PEZA の認可を受けている製造分野のオリジナル案件数は 1531 件となっています。これらの内、日本の出資が含まれる案件は 603 件で、ほぼ 4 割に当ります。業種・品目別にみると、多い順に金属加工(24%)、次いで樹脂製品(19%)、コンピューター、電子、光学機器 (17% ) となっており、これら 3 つで 6 割弱に当ります。

 

その他では、電気機器(8.8%)、輸送機器関係(7.8%)等が目立ったところで、その他の分野はさらにぐっと割合が小さくなります。金属加工や樹脂についても、輸出の品目別構造をベースにして考えれば、全体として、事務機器や医療・精密・光学機器等も含む電機・電子製品、部品等につながる分野に偏っていることが推定されます。

 

フィリピン製造業のつよみは?

 

アジア地域全体で見た製造拠点の立地先としてのフィリピンの優位性に係るデータを紹介します。恐らく最も重要なのは人的資源です。一億人の人口に加えて、若年層の割合が多いのですが、今後もかなりの期間にわたりその状態が続くと期待されます。

 

他の ASEAN 主要国では、ベトナムも含めて年齢層別人口構成が、既にピラミッド型ではな くなっています。国連の労働人口の長期予測を見ると良くわかります。また、人的要素との関連では人件費水準が安定的に推移していること、労使関係が他国との比較で安定していることも優位性の一つに挙げられます。


人件費の水準と上昇率は、経営上の大きな関心事項ではありますが、製造コストは人件費のみに依存する訳ではありません。実際、かつては安価だった中国の人件費は、現在フィリピンの数倍となっていますが、それでも価格競争力でフィリピンに勝る製造品目は多数あります。

 

大型投資が必要な工業原料の供給、サプライチェーンの幅広さなどがその背景となります。フィリピンはこれらの要素が不足しています。ジェトロのアンケート調査でも、他の ASEAN 主要国では現地調達率が 40 から 50%台にあるのに対し、フィリピンのそれは長く 30%前後に留まっていることが分かります。


しかし同じ調査で、製造コスト指数については、フィリピンの数字が域内でもベトナムと順位を争うほどの高水準が維持されていることも明らかになっています。これは生産性向上の取組が継続的に行われていることに加え、先ほど弱点と申し上げたサプライチェーンについても、電機・電子等特定分野については、小型の金属部品、樹脂部品等を中心に集積が進んできたことが考えられます。

 

直近でもワイヤーハーネスの新規投資や工場拡張がみられることや、プリンターの輸出額が 10 年間で十数倍 に拡大したこと等はそれを背景にしていると思われます。(表2)

 

表2 日系企業の製造コスト指数
~日本での製造コストを 100 とした場合 ~

出所:ジェトロ、アジア・オセアニア進出日系企業実態調査 各年版よりジェトロマニラ作成

 

ご執筆: ジェトロ・マニラ事務所 安藤 智洋 氏

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年11月10日

在フィリピン日本国大使館は10日、日本政府は、フィリピンを含む5か国が発行する新型コロナ・ワクチン接種証明書(日本国内の承認済みワクチンのみ)を、11月12日午前0時(日本時間)以降、日本入国時に有効と認める対象国・地域に指定することを発表しました。

2021年11月09日

もうすぐ年末。プレゼントやお持たせ、自分へのご褒美においしいスイーツはいかがでしょうか?そこで今回は、マニラのおすすめスイーツショップをご紹介します!

2021年11月05日

在フィリピン日本国大使館は11月5日、フィリピン等からの入国・帰国時の隔離期間短縮に関してお知らせしました。

2021年11月05日

在フィリピン日本国大使館は11月5日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)における警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。

2021年11月05日

フィリピン政府は4日夜、マニラ首都圏のアラートレベルを2に引き下げると発表しました。期間は11月5日~21日までです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you