ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【首都マニラ夜間の外出禁止令】20時から翌朝5時までの外出は控えましょう

【首都マニラ夜間の外出禁止令】20時から翌朝5時までの外出は控えましょう
2020年03月14日更新
広告
広告

フィリピンの首都マニラの当局は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マニラで20時から翌5時までの夜間外出を禁止すると表明しました。

首都マニラでの20時から翌5時までの夜間外出の禁止は、15日から実施される予定です。期間は約1ヶ月。フィリピンの現地メディア、CNNPhilippinesなどが報道しています。

 

食料品店や薬局への移動、また仕事場への行き来などは禁止されない方針です。

 

 

フィリピンの現地メディア、CNNPhilippines

 

一部のショッピングモールやレストランは、営業時間の変更を発表しています。

 

引き続き最新の情報をチェックしましょう!

 

◆関連記事はこちらから

・【弁護士が徹底解説】フィリピンのコロナウイルス対策で会社が行うべきこと

・【フィリピンの首都マニラで移動制限】ドゥテルテ大統領が12日、新型コロナウイルス対策を表明しました

・【在フィリピン日本国大使館から】12日にフィリピン政府が発表した新型コロナウイルスの対応について

・【マニラ離発着フライト】移動制限下でのフィリピン国内線・国際線の運航情報

 

 

 

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年03月14日

フィリピンのドゥテルテ大統領は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、首都マニラと国内の他の都市との出入りを禁止すると表明しました。14日現在のフィリピン国内線・国際線についての情報をご紹介いたします。

2020年03月13日

新型コロナウイルスの拡大をうけ、フィリピン国内外でも影響が広く出始めています。対策として会社はどのようなことに留意しておくべきなのか。関連する労務上の取り扱いについて、 桃尾・松尾・難波法律事務所の上村真一郎弁護士と鳥養雅夫弁護士に伺いました。

2020年03月13日

フィリピンのドゥテルテ大統領は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、首都マニラと国内の他の都市との出入りを禁止すると表明しました。影響は国外にも大きく広がりそうです。

2020年03月13日

在フィリピン日本国大使館は13日、ドゥテルテ大統領の新型コロナウイルス対策についての情報を発表しました。詳細は下記の通りです。

2020年03月12日

フィリピンでは6月から多くの学校の新学期が始まります。ジャパニーズスクールやインターナショナルスクールなど、どのような教育が良いのかお悩みのご家庭は多いですよね。そこで今回は学校選びのポイントをご紹介いたします!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel