ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピンでのフィッシング詐欺】被害を防ぐために心がけたい5つのポイント

【フィリピンでのフィッシング詐欺】被害を防ぐために心がけたい5つのポイント
2022年04月06日更新

  1. フィリピンでもインターネットバンキングやオンラインショッピングなどで、フィッシング詐欺の被害が相次いでいます。フィッシング詐欺の見分け方や予防について一度しっかりと考えて、被害に遭わないように心がけましょう!

フィッシング詐欺とは

 

フィッシング詐欺とは、インターネットの利用者に対して、悪用者が金品を得るためにクレジットカード情報や銀行口座情報を騙し取る手口の犯罪です。手口は非常に巧妙なため、気がづかずに被害に遭ってしまうケースも少なくありません。

 

特に現在は、新型コロナウイルウ感染症の影響により自宅でオンラインショッピングやオンラインバンキングを利用することが増えてきており、あまり深く考えずにクレジットカード番号やセキュリティコードを入力してしまった結果、被害に遭うケースが出てきています。

 

フィリピンでも、国内の大手の商業銀行に口座を持つ人々から、フィッシング詐欺などでパスワードを盗まれ、口座から不正に送金されたと訴えている問題が発生しています。

BPIの公式FBより引用

 

フィッシング詐欺のよくある手口としては、大手の銀行やクレジットカード会社、有名な企業を騙ったメールを送り、本物と同じようなサイトに誘導します。本物のURLに似せようと、分かりにくい箇所を変えて、本物に見せかけることもあります。

 

また、メールやSMS内の文章としては「アカウントがロックされました」などという文言も多いようです。

 

フィッシング詐欺の被害を防ぐには

1:ニュースを日々確認する

フィッシング詐欺では、新しい手口が次々と開発されています。そのため、フィッシング詐欺関連のニュースはこまめにチェックするようにしましょう。

 

2:URLをすぐにクリックしない

不審なメッセージが届いたら、すぐにURLをクリックしないことも大切です。偽サイトにアクセスすると、その時点で端末情報などが盗まれる可能性があります。

 

3:フィッシング対策となるソフトをインストールする

パソコンを頻繁に使用する場合は、フィッシング対策用のセキュリティソフトをインストールしておくこともおすすめです。

 

4:定期的にアカウントにアクセスする

オンラインバンキングやショッピング関連のオアカウントに一定期間アクセスがないと、被害に遭っていても気づきにくくなってしまいます。

 

銀行のフィッシング詐欺やクレジットカードのフィッシング詐欺を防ぐためには、定期的に明細をチェックし、知らないうちに不正な取引が行われていないかを確認するようにしましょう。

 

5:個人情報の開示は慎重に

最も大切なことは、個人情報や金銭的な情報を簡単に共有しないこと。個人情報やクレジットカード情報を入力させる内容のEメールやSMSの場合は、記載されているURLにはアクセスしないことが重要です。

 

違和感を察知したら、冷静に対応するようにしましょう!

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年04月04日

BGCのひばりクリニックが、4月1日から外来診療を開始しました!

2022年04月01日

在フィリピン日本国大使館は4月1日、フィリピン政府は、4月1日から4月15日までのそれぞれの地域の警戒レベルを発表しました。

2022年04月01日

JETROフィリピンは1日、アジア大洋州地域の新型コロナウイルスに関する直近の主要な動きをまとめて発表しました!

2022年03月31日

フィリピンでも石油価格の高騰が続いています。3月31日時点での最新情報をまとめました。

2022年03月30日

新年度や新生活に向けての準備や引き継ぎで、疲れが溜まっていませんか?今回フィリピンプライマーでは、そんな皆さんにおすすめのマッサージ店舗情報をお届け!セラピストが自宅やホテルに赴いてマッサージを行う、出張サービスを提供する会社などもご紹介しています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you