ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > エンデラン大学に「竹」で出来たエコ・クリスマスツリーが登場!

エンデラン大学に「竹」で出来たエコ・クリスマスツリーが登場!
2015年12月14日更新

エンデラン大学に「竹」のクリスマスツリーが登場!クリスマスをエコにお祝い。

フォートボニファシオにあるエンデラン大学のクリスマスツリーは

環境に優しい「竹」で出来ています。

 

もちろん飾りもエコに配慮したものを使用。

新聞紙、ソーダキャップをアップサイクルして作った飾り、

LEDライト、ボトルライト*を使っています。

*ボトルライト:ペットボトルと水、漂白剤を使って点灯する。

 

(写真) エコクリスマスツリー。とっても華やかですね

 

エンデラン大学は、エコクリスマスツリーを作るにあたり、

色々なグループの協力を得ています。

新聞紙の飾りはパラーニャケ市の女性グループの手作り、

ボトルキャップの装飾品は、ケソン市のグループによって作られました。

 

さらにエンデラン大学は、貧しい地域にも明かりをともそうと、

「Liter of Light(リター・オブ・ライト)」

(環境に優しいライトの普及プロジェクト)

とパートナーシップを結んでいます。

 

(写真) 左:ブリヤン・ベニデス・マックリーランド氏。

竹製のエコ自転車を取り扱う会社・バンバイク(Bambike)の創設者。

右:エンデラン大学のエドガード・ロドゥリゲス学長

 

マックリーランド氏はこう語ります。

 

「従来はプラスチック製、非生物分解素材のクリスマス用

デコレーションが一般的でした。しかし私たちのアイディアは、

竹をクリスマスツリーとして使うというもの。

竹は環境に優しいですからね。電飾には、LEDライトや、

二酸化炭素を出さないボトルライトを使い、飾りは

生物分解可能でアップサイクル出来るものを使っています。

 

『環境に優しい』と言うのは、単に『エコ・フレンドリー』

なのではなく、『社会的責任を持つこと』とも言えます。

ですから私たちは、地元貢献の意味を含めて、

地域コミュニティから飾りを購入しました。

 

クリスマスが終わったら、ツリーはキャンパスの建設資材に、

新聞紙で作られた飾りはコンポストに。

他の飾りは来年も使えます。クリスマスが終わった後に

ゴミが出ることは一切ありません。」

 

(写真)左から:エドモンド・ペレズ・マセダ氏 

エンデラン大学・持続可能性と環境学共同科長、

メガワールドの最高サステナビリティ責任者

アイラック・ディアス氏 リター・オブ・ライト専務取締役

ブリヤン・ベニデス・マックリーランド氏

 

出席者の一人、リター・オブ・ライトの

ディアス氏はこう語ります。

 

「約2千万人のフィリピン人が明かりのない生活をしています。

食糧不足、貧困、飲料水、住宅問題もありますが、

光の提供も大切です。光がないと学ぶ機会も限られて

しまいますし、また危険にさらされやすくなります。」

 

リター・オブ・ライトはこれまでに、15カ国の家庭、

商店、学校、医療機関に計35万台ものソーラーライトを

設置しています。

 

(写真) トゥロイ・ファンデーション・バレエによる「くるみ割り人形」

(写真)トゥロイ・ファンデーションのコーラスは、

ボトルライトを持ちながら歌っている。

 

11月26日に行われたツリーの点灯式「夜明けとともに」では、

「トゥロイ・ファンデーション」がパフォーマンスを実施。

 

この団体はエンデラン大学が以前よりサポートしている

民間の非営利団体で、ストリートチルドレンの社会復帰を

目的として養護施設や教育プログラムを提供しています。

 

エンデラン大学の「竹」のクリスマスツリーを見たい方は、

フォートボニファシオの、McKinley Hill (マッキンリー・ヒル)

キャンパスへどうぞ!

 

 

エンデラン大学のWebサイトはこちら↓

エンデラン大学 公式ホームページ

 

参照:エンデラン大学のプレスリリース

 

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Hokuto
「自己紹介」   プライマーの巨人。背が高いけど気は小さめ。
フィリピンの魅力にとりつかれ、
セブからマニラへ。

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2024年06月11日

6月16日(日)は父の日!愛するお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝える特別な方法を探している方も多いのではないでしょうか?ここでは、忘れられない父の日を演出するレストラン、カフェ、ホテルやその他のスポットをご紹介します。ぜひ参考にして、マニラで素敵な父の日をお過ごしください!

2024年06月03日

【初便がマニラへ!】2024年6月3日、日本航空(JAL)は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催を記念し、公式キャラクター「ミャクミャク」などオリジナルデザインの特別塗装を施した「JAL ミャクミャクJET」の国際線運航を開始!初便となる羽田発マニラ便が朝6:00にマニラ ニノイ・アキノ国際空港に到着しました!

2024年05月27日

今回の特集では、高級店から、リーズナブルにいただけるお店まで、メトロマニラの人気ステーキ店をご紹介します!ビジネス烈伝では、マラヤン保険副社長/東京海上日動火災マニラ首席駐在員・マニラ日本人会会長 岡本 和典氏に、フィリピンの提携先、マラヤンインシュアランスとの関係や、フィリピンの保険業の動向についてお話を伺いました。

2024年05月26日

在フィリピン日本国大使館は5月30日、交通トラブルに関する注意喚起を行っています。

2024年05月09日

5月12日(日)は母の日♪特別なおもてなしをお探しの方へ、母の日の思い出に残る素敵なレストラン、ラグジュアリーホテルをご紹介します!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you