ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】インフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」によって雇用増加

【JETROフィリピンから】インフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」によって雇用増加
2021年09月30日更新

JETROフィリピンは30日、インフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」に関する情報を発表しました。


フィリピン公共事業道路省(DPWH)は9月24日、ドゥテルテ政権の重要政策であるインフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」によって2020年3月から2021年8月までに約148万人の雇用が創出されたと発表した(政府通信社9月24日)。

 

マニラ首都圏で7万661人、日系企業が数多く集積するカラバルソン地域で7万4,252人、ビサヤ地方で25万102人、ダバオ地方で34万5,887人の雇用が生まれた。同省のマーク・ビリヤール長官は「まだ多くの重要なプロジェクトが予定されているため、年末までにさらに雇用が増える」と予想している。

 

フィリピン開発予算調整委員会(DBCC)は、2021年のインフラ予算の支出を1兆200億ペソ(約2兆2,440億円、1ペソ=約2.2円)と見込んでおり、この額は2021年のGDPの5.1%に相当する。また、今後の支出額では、2022年にGDP見通しの5.8%に相当する1兆2,900億ペソ、2023年は同5.3%の1兆2,800億ペソ、2024年は同5.1%の1兆3,500億ペソと予測している(2021年7月28日記事参照)。

 

ドゥテルテ政権はインフラ開発を政権の重要施策とし、「ビルド・ビルド・ビルド」で119件の旗艦案件を定めている。このうち11件が2021年6月19日までにプロジェクトを完了した。政府は2022年末までに29件以上のプロジェクトを完了させることを目指している。同プロジェクトには、マニラ首都圏地下鉄、南北通勤鉄道、セブ島モノレールシステム、パナイ島~ギマラス島~ネグロス島間の橋、サマル島~ダバオ市間の橋、ミンダナオ島鉄道などが含まれる。

(蛇見拓斗)


(フィリピン)

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年09月29日

スペシャリティーグロッサリーのDough & Grocer(ドウアンドグロッサー)がケソン市のPrologue(プロローグ)の向かいに店舗をオープンしました!高級なヨーロッパ食材や日本食材を販売しています。ぜひ足を運んでみてください♪

2021年09月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、日本国政府は、これまで日本に一時帰国して新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人向け接種事業での接種の対象外としていた本邦未承認ワクチンを既に2回接種した方に対しても、本事業でワクチン(特段の事情がない限りファイザー製)を2回接種することを認めることとしました。

2021年09月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、警察庁より、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続の一覧が公表されましたので、お知らせいたします。

2021年09月28日

在フィリピン日本国大使館は27日、フィリピン政府は、改訂したフィリピンにおけるオムニバス・ガイドラインを発表しました。

2021年09月28日

在フィリピン日本国大使館は27日、日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(フィリピン等からの入国・帰国時の隔離期間延長)に関してお知らせしました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you