ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【フィリピンビジネス情報 by JETRO】フィリピンのデジタル人材の獲得・育成について

【フィリピンビジネス情報 by JETRO】フィリピンのデジタル人材の獲得・育成について
2022年12月14日更新

フィリピンのビジネスに関した様々な情報を、JETROの吉田さんに寄稿していただく「フィリピンビジネス情報 by JETRO」。今回は、フィリピンのデジタル人材の獲得・育成についてのインタビューをお届けします!

昨今、日本を含む世界中で、デジタル人材の獲得・育成の重要性が指摘されています。フィリピンにおいてもコロナ禍以降、経済のデジタル化が大きく進展し、情報通信業や金融業などで高度なコンピューター技術を有する人材への需要が高まっています。今回、ジェトロはフィリピンにおけるコンピューターサイエンス教育の最高峰の1つである、フィリピン大学ディリマン校計算機科学学部を訪問し、ウィルソン・M・タン准教授(以下、ウィルソン准教授)に同学部の教育方針や卒業生の進路、日本企業との連携可能性についてインタビューを行いました。

 

フィリピン随一のコンピューターサイエンス教育を提供

 

計算機科学学部における「コンピューターサイエンス」とは

 

ジェトロ:コンピューターサイエンスとは具体的にはどのような学問分野を指しているのでしょうか。

 

ウィルソン准教授:コンピューターサイエンスとは、コンピューティングに関する様々なテーマを研究する、幅の広い学問領域です。通信機器などのハードウェアや、通信機器関連の技術開発、通信処理過程に関しての研究は、コンピューターサイエンスに含まれます。また、より理論寄りの分野もあります。例えば、異なるアルゴリズムの中で、どのアルゴリズムがより効率的であるか、課題に対してより効果的なアルゴリズムはどれであるのかを分析するといった研究です。

一方で、コンピューターサイエンスとIT技術は区別されると私は考えています。IT技術とは、ここでは「確立されているコンピューティングを応用する技術」と定義しましょう。例えば、既にコンピューターが目の前にあり、実行するプログラムがあり、課題解決のフレームワークが判明しているとき、どのようにして課題解決を行うのか。これはIT技術の問題となります。

IT技術に特化した人材は、多くの場合、アルゴリズムをデザインしたり、コンピューティングのシステムを考案するといったことができないのです。IT技術者の役割とは、既存のアルゴリズム・コンピューティングのシステムを使って、それらを利活用します。我々の教育で学ぶコンピューターサイエンスと比較して、IT技術はより応用に力点を置いており、個別具体的な課題に対処するのです。

今日、フィリピンの大学やスクールにおいてコンピューターサイエンスという学問領域に関して多くの混乱が生じています。コンピューターサイエンスのプログラムに関して、どのようなプログラム内容であるべきか、ガイドラインは存在します。しかし、いくつかの教育機関においてガイドラインが順守されていないのが現状です。その結果、これらのプログラムを卒業した者の中には、コンピューターサイエンスよりもIT技術に特化して学んだケースが存在するのです。

企業で雇用されると、IT技術を学んだ者もコンピューターサイエンスを学んだ者(コンピューターサイエンティスト)もコードを書くことはできます。しかし、システムを新たに構築するとなると、コンピューターサイエンティストが必要なのです。例えば、フィリピンで研究開発部門を有する技術系企業は、多くのコンピューターサイエンティストを採用していますが、一方で、IT技術者はあまり採用していません。こういった企業は研究や新規のシステム開発、そしてそれらの実証を行っており、コンピューターサイエンティストが必要だからです。

 


学生が計算機科学学部を志望する理由は

 

ジェトロ:計算機科学学部に入学する学生の動機を教えて下さい。

 

ウィルソン准教授:第1に、コンピューターサイエンティストに対して大きな人材需要があるからです。多くの学生が、卒業後の給料がよい、就職が容易といった理由で計算機科学学部を志望します。 第2に、純粋にコンピューターサイエンスに興味を持っている場合です。現代の学生は、SNSやゲームなどで多くのコンピューターに囲まれて育っており、自然とコンピューターに関心を持つのです。中には、「自分でゲームを開発したい」という学生もいます。

 

インタビューの全文はこちらのページから!

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2023年02月03日

マカティの商業ビル「ザ・リンク」にて2月17日から19日まで「Art Fair Philippines(アートフェア・フィリピン)2023」が開催されます!リアルでの開催は3年ぶり!週末のお出かけに、ぜひチェックしてみてください♪

2023年02月02日

グリコフィリピンが今年のバレンタインデーの期間限定で、ポッキーブーケとワインがセットになった商品をMITSUKOSHI BGCで販売します!

2023年01月27日

フィリピンプライマーが最新号の2023年2月号を発刊しました!今月のメイン特集は「歩きたくなる街レガスピの魅力を徹底紹介」。ビジネス特集では、電子・電気、化学品の注目情報をお届けしています。また、『フィリピンは今が旬』という力強いコメントをいただいた、 独立行政法人国際協力機構(JICA)所長 坂本威午氏のビジネス烈伝もぜひご覧ください!

2023年01月26日

フィリピンにいながら日本の文化が楽しめる『JAPAN FIESTA(ジャパンフィエスタ)2023』が、マカティで2月18日と19日に開催されます!フィリピンで日本の魅力を楽しめる絶好のチャンスをお見逃しなく♪

2023年01月24日

フィリピンに長期滞在している人は必ず手続きが必要な「Annual Report」(アニュアルレポート)。2023年は3月1日が最終期限になっています。今回は手続きの方法や持ち物などをご紹介いたします!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you