ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピン速報】マニラ首都圏は2月末までGCQ継続へ

【フィリピン速報】マニラ首都圏は2月末までGCQ継続へ
2021年01月29日更新

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)は29日、新型コロナウイルス感染症に関するコミュニティー隔離についての会見を行いました。マニラ首都圏は2月末までGCQ(一般的な防疫地域)が継続されます。

IATFは1月29日午前にテレビ会見を実施。首都圏マニラではGCQ(一般的な防疫地域)を継続することを発表しました。

 

新しい検疫区分は下記の通りです。

 

■GCQ

Metro Manila(マニラ首都圏)
Batangas(バタンガス)
Cordillera Administrative Region
Davao City(ダバオシティ)
Davao del Norte(ダバオ・デル・ノルテ)
Iligan City(イリガンシティ)
Lanao del Sur(ラナオデルスル)
Tacloban(タクロバン)

その他の地域は、MGCQが継続されます。

CNN公式ツイッターから引用

 

これまでフィリピンでは新型コロナウイルスの流行の度合いに応じて、それぞれの地域を4つの隔離措置(ECQ、MECQ、GCQ、MGCQ)にわけて感染拡大を防止してきました。マニラ首都圏では2020年6月からGCQ継続されています。

 

フィリピンの保健省は27日、新型コロナウイルス変異種の脅威が高まっているとして、2月以降の首都圏の防疫区分を一般防疫地域(GCQ)から緩和するのは時期尚早との考えを発表していました。

 

詳細はフィリピンプライマーのチャンネルでもご紹介!

 

引き続き最新の情報をチェックしましょう!

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年01月28日

新型コロナウイルスの拡大で、マニラの街並みも大きく変わりました。そこで今回はリトル東京の最新情報をご紹介!おなじみのレストランから新たなお店まで、徹底取材した情報をお届けします。

2021年01月27日

JETROフィリピンは26日、フィリピンの日系企業調査を発表しました。

2021年01月26日

在フィリピン日本国大使館は26日、変異種確認国からの入国・通過禁止措置延長についての新たな情報を発表しました。

2021年01月25日

フィリピンプライマーが最新号の2021年2月号を発刊しました!今月の特集は、リトル東京の最新情報!コロナ禍でも頑張るリトル東京+周辺のお店の応援企画をお届けします。ビジネス特集では不動産賃貸の最新動向と情報をご紹介しています。

2021年01月22日

フィリピン政府は22日、新型コロナウイルスの変異種対策で実施している外国人の入国禁止措置について、有効なビザを保有している外交官や国際機関の職員、そしてフィリピン人の配偶者などを規制の対象から外すと発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー