ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおけるオムニバス・ガイドラインの改訂(8月5日発表))

【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおけるオムニバス・ガイドラインの改訂(8月5日発表))
2021年08月06日更新

在フィリピン日本国大使館は6日、フィリピンにおけるオムニバス・ガイドラインの改訂についての情報を発表しました。

8月5日、フィリピン政府は、フィリピンにおけるコミュニティ隔離措置に関するオムニバス・ガイドラインの改訂を発表しました


1 8月5日、フィリピン政府は、フィリピンにおけるコミュニティ隔離措置に関するオムニバス・ガイドラインを次のとおりの改訂することを発表しました。


(1)港湾ターミナルおよび補助サービスへの請負業者の参加(セクション[2](4)(a)(v))
  v. ロジスティクス・サービス・プロバイダー(配達および宅配サービス、荷役、倉庫保管、トラック輸送、貨物輸送、海運、港湾およびターミナルのオペレーター、請負業者、および補助サービス(ドライバー、指揮者、ターミナル労働者)。


(2)請負業者、下請け業者、主力インフラ・プロジェクト建設のための運輸省コンサルタント(セクション[2](4)(a)(vi))
  vi. 公共事業および高速道路局(DPWH)によって発行されたガイドラインに従うことを条件に、公的私的を問わず、不可欠かつ優先的な建設プロジェクトの従業員/労働者、BuildBuildBuild」の主力インフラ・プロジェクトの建設に関する運輸省(DOTr)のコンサルタント(請負業者、下請業者を含む)。



(3)液化石油ガスがエネルギー部門に含まれていることを明確にする(セクション[2](4)(c)(vi))
  vi. エネルギー部門(石油、ガス、電力会社)、そのサードパーティの請負業者、サービスプロバイダー(送電、配電、発電所、ラインの保守、電力市場、小売業者、に探索、運用、取引、配送に関与する従業員を含む)、原油または石油およびその副産物(ガソリン、ディーゼル、液化石油ガス、LPG、ジェットオイル、灯油、潤滑油、ガソリンスタンド、製油所、LPGステーション、貯蔵所)の探査、運用、取引、配送、電力を生産するために使用されるあらゆる種類の燃料。



(4)政府機関によって契約された他の印刷施設の運営許可(セクション[2](4)(c)(xi))
  xi. フィリピン内国歳入庁(BIR)によって許可された印刷施設、他の政府機関によって契約された印刷施設。


(5)弁護士の権限がそれぞれの居住外にあることを認める(セクション[2](4)(c)(xvii))
  xvii. 弁護士は、司法人、自然人にかかわらず人の権利を保護するために必要な現場での法的代理人を提供する必要がある場合にのみ認める



(6)ECQ中であっても、COVID-19ワクチンと領事サービスの継続的な提供が不可欠であることに留意(セクション[7](2)(a)(4))
  (4)医学的または人道的理由で渡航する者、ワクチン接種を受けるために住居を離れる者(スケジュールの証明が必要)、フィリピン外務省(DFA)領事サービスを利用する者(予約が確認できる)。



(7)空港利用者に在外フィリピン人労働者が含まれることを強調(セクション[7](2)(a)(5))
  (5)空港を利用する者(海外雇用証明書を所持する在外フィリピン人労働者(OFW)を含む。)。



(8)仕事、ビジネス、活動目的ために地域を横断できるAPORを制限する(セクション[7](2)(a)(6))
  (6)目的地の地域への移動の目的が、ECQの対象地域でも許可されている仕事、活動のためである者。



●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)決議第131号
・オムニバス・ガイドラインの改訂等
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2021/07jul/20210805-IATF-131-RRD.pdf

・8月5日付け、フィリピンのおけるコミュニティ隔離実施に関するオムニバス・ガイドライン
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2021/07jul/20210805-OMNIBUS-RRD.pdf


【以下、新型コロナウイルス関連情報】
● 当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html



問い合わせ窓口


○ 在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在セブ日本国総領事館
 住所:7th floor,Keppel Center,Samar Loop cor. Cardinal Rosales Ave.,Cebu Business Park,Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ: https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年08月06日

在フィリピン日本国大使館は6日、ミュニティ隔離措置の再々変更(8月5日発表)、及びフィリピン入管のECQ期間中の労働力縮小、業務短縮についての情報を発表しました。

2021年08月06日

フィリピン政府は30日、マニラ首都圏などのコミュニティー隔離措置を、8月6日から20日まで強化することを発表しました。マニラ首都圏は同期間中、「ECQ」に移行されます。

2021年08月02日

在フィリピン日本国大使館は1日、フィリピン政府は、7月30日に発表したコミュニティ隔離措置の延長・変更内容の一部を再度変更することを発表しました。

2021年08月02日

今月が終われば、フィリピンではクリスマスに向けたバーマンス(ber month)がやってきます!マニラのワインショップ、Estate Wine(エステートワイン)では、一足先にクリスマスのギフトパッケージの販売を開始しました。ぜひ詳細をチェックしてみましょう♪

2021年07月30日

フィリピンプライマーが最新号の2021年8月号を発刊しました。今月はアヤラセンターを特集!また、和食レストランも数多くご紹介しています。誌面はオンラインでもお楽しみいただけますので、ぜひご自宅でもゆっくりとご覧ください♪

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー