ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】「グリーン」・「レッド」・「イエロー」国/管轄地域の変更)(9月30日発表)

【在フィリピン日本国大使館から】「グリーン」・「レッド」・「イエロー」国/管轄地域の変更)(9月30日発表)
2021年10月01日更新

在フィリピン日本国大使館は10月1日、フィリピン政府は9月30日に「グリーン」・「イエロー」・「レッド」国/管轄地域を変更することを発表しました。

【ポイント】
●9月30日、フィリピン政府は、「グリーン」・「イエロー」・「レッド」国/管轄地域を変更することを発表しました。
 なお、日本は、この「イエロー」国/管轄地域に該当します。

【本文】
1 9月30日、フィリピン政府は、10月15日までの「グリーン」・「レッド」・「イエロー」国/管轄地域について、該当する国・地域等を以下のとおり変更することを発表しました。
 なお、日本は、この「イエロー」国/管轄地域に該当します。

(1)「グリーン」国/管轄地域
 アメリカ領サモア、ブルキナファソ、カメルーン、ケイマン諸島、チャド、中国(本土)、コモロ、コンゴ共和国、ジブチ、フォークランド諸島(マルビナス諸島)、ハンガリー、マダガスカル、マリ、ミクロネシア連邦、モントセラト、ニュージーランド、ニジェール、北マリアナ諸島、パラオ、ポーランド、サバ(オランダ領)、サンピエール島・ミクロン島、シエラレオネ、シント・ユースタティウス、台湾、アルジェリア、ブータン、クック諸島、エリトリア、キリバス、マーシャル諸島、ナウル、ニカラグア、ニウエ、北朝鮮、セントヘレナ、サモア、ソロモン諸島、スーダン、シリア、タジキスタン、タンザニア、トケラウ、トンガ、トルクメニスタン、ツバル、ウズベキスタン、バヌアツ、イエメン

 ※「グリーン」国/管轄地域から来た渡航者、及びフィリピン到着前の14日間以内に「グリーン」国/管轄地域に渡航歴のある外国渡航者は、以下の入国、テスト及び検疫プロトコルに従う必要がある。
 (i) 全ての入国者は、到着時に14日間の検疫を受けるものとする。最初の7日間は検疫施設で監視され、残りはそれぞれの目的地の地方自治政府の自宅検疫を受ける(14日間)。
 (ii)到着日を初日として、5日目にPCR検査を受けることとなり、検査結果が陰性であっても、隔離施設で7日間の検疫期間を完了する必要がある。
 (iii)ただし、完全にワクチン接種を完了した者で、ワクチン接種の証拠として証明書を提示する必要がある。

(2)「レッド」国/管轄地域
 バミューダ

 ※「レッド」国/管轄地域から来た渡航者、及びフィリピン到着前の14日間以内に「レッド」国/管轄地域に渡航歴のある外国人渡航者は、予防接種の状況に関係なく、入国は許可されない。

(3)「イエロー」国/管轄地域
 上記(1)、(2)に記載されていない他の全ての国/管轄地域。

※「イエロー」国/管轄地域から来た者、及びフィリピン到着前の14日間以内に「イエロー」国/管轄地域に渡航歴のある渡航者は、以下の入国、テスト及び検疫プロトコルに従う必要がある。
 (i) 全ての入国者は、到着時に14日間の検疫を受けるものとする。最初の10日間は検疫施設で監視され、残りはそれぞれの目的地の地方自治政府の自宅検疫を受ける。
 (ii)到着日を初日として、7日目にPCR検査を受けることとなり、検査結果が陰性であっても、隔離施設で10日間の検疫期間を完了する必要がある。

2 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。

【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第139号(「グリーン」・「レッド」・「イエロー」国/管轄地域の指定)
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2021/09sept/20210930-IATF-141-B-RRD.pdf

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html



問い合わせ窓口

 


○ 在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在セブ日本国総領事館
 住所:7th floor,Keppel Center,Samar Loop cor. Cardinal Rosales Ave.,Cebu Business Park,Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年10月01日

マニラの新店舗情報!日本食材店「みんなのスーパー」が、10月1日にオープンしました♪定番の日本食材のほか、新鮮なお野菜や納豆などが手に入ります。ぜひ店舗に足を運んでみてください!

2021年09月30日

フィリピン公共事業道路省(DPWH)は9月24日、ドゥテルテ政権の重要政策であるインフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」によって2020年3月から2021年8月までに約148万人の雇用が創出されたと発表した(政府通信社9月24日)。

2021年09月29日

スペシャリティーグロッサリーのDough & Grocer(ドウアンドグロッサー)がケソン市のPrologue(プロローグ)の向かいに店舗をオープンしました!高級なヨーロッパ食材や日本食材を販売しています。ぜひ足を運んでみてください♪

2021年09月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、日本国政府は、これまで日本に一時帰国して新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人向け接種事業での接種の対象外としていた本邦未承認ワクチンを既に2回接種した方に対しても、本事業でワクチン(特段の事情がない限りファイザー製)を2回接種することを認めることとしました。

2021年09月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、警察庁より、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続の一覧が公表されましたので、お知らせいたします。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you