ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 査証免除国からのフィリピンへの入国

【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 査証免除国からのフィリピンへの入国
2022年01月31日更新

在フィリピン日本国大使館は2022年1月29日、フィリピン政府は、2022年2月10日から、以下の条件の下、完全にワクチン接種した査証免除対象国・地域(日本を含む)からの渡航者のフィリピン入国を許可する旨発表しました

【ポイント】
●2022年2月10日から、完全にワクチン接種した査証免除対象国・地域からの渡航者は、フィリピンへの入国が許可されます。

【本文】
1 フィリピンへの入国の許可国
 1月27日、フィリピン政府は、2022年2月10日から、以下の条件の下、完全にワクチン接種した査証免除対象国・地域(日本を含む)からの渡航者のフィリピン入国を許可する旨発表しました

2 入国の条件
(1) フィリピン到着の時点で旅券の残存有効期間が6か月以上あり、かつ、出発国または第三国への帰国・出国のための航空券を所持していること。
(2) 次のいずれかのワクチン接種証明書を所持すること。
 ア 世界保健機関(WHO)が発行した国際ワクチン接種証明書
 イ VaxCertPH
 ウ 相互の取り決めのもとでVaxCertPHを受け入れた外国政府の国内デジタル証明書または接種証明書
 ※日本はこれに含まれます。
(3) 18歳未満の子供は、出発国での航空機搭乗に際し、完全なワクチン接種及びワクチン接種の証明の提示に係る要件が免除される。
(4) フィリピン到着時の空港では、同日に適用されている検査・検疫規則に従う。
 ※詳しくは1月29日発出済メールの「【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その193:新たな検査・検疫規則の運用)」をご参照ください。
(5) 大統領令第408号に基づく査証免除対象国・地域は以下のとおり
  https://dfa.gov.ph/list-of-countries-for-21-day-visa
  ※日本はこれに含まれます。

3 なお、最終的にフィリピンへの入国が許可されるか否かは、フィリピン入国管理局等のフィリピン政府の裁量となりますので、その旨ご留意ください。

4 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。


【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)
・決議第159号:フィリピンに入国する渡航者の検査・検疫規則の変更
https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2022/01jan/20220127-RESO-159-RRD.pdf

●フィリピン入国管理局(Bureau of Immigration)
https://immigration.gov.ph/

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html

・・・・・・・・・・・・・・・
この情報は,在留届,メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに,同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,または当館メールマガジンに登録をお願いします。

 在留届・たびレジ登録
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/

 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html

 


問い合わせ窓口

 

 


○ 在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在セブ日本国総領事館
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年01月30日

在フィリピン日本国大使館は2022年1月29日、フィリピン政府は、2022年2月1日から「グリーン」・「イエロー」・「レッド」の国/地域/管轄区域の分類による検査・検疫規則を一時的に停止し、新たな検査・検疫規則を適用する旨発表しました。

2022年01月28日

マラカニャンは2月からビザ免除国からの観光やビジネス目的のワクチンを完全に接種済みの渡航者を再び受け入れることを発表しました。

2022年01月27日

在フィリピン日本国大使館は2022年1月27日、成年年齢引き下げに伴う戸籍・国籍関係手続き、及び旅券申請手続き等の変更についてお知らせしました。

2022年01月25日

フィリピンプライマーが最新号の2022年2月号を発刊しました!今月の特集では「休日は近場へプチバケーション♪」と題し、マニラ周辺でもリゾート気分を味わえるとっておきのホテルをご紹介。ほかにもレストランの最新情報やビジネス情報が満載ですので、ぜひ手に取ってご覧ください♪

2022年01月25日

都会の喧騒から離れたプライベート感抜群の民泊や小規模なホテルで、家族水入らずの極上ステイケーションを楽しもう!ここではAgodaで見つけたマカティから小一時間の宿泊先をご紹介します。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you