ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の変更(6月2日発表)

【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の変更(6月2日発表)
2022年06月09日更新

在フィリピン日本国大使館は6月8日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の「警戒レベル1」部分を変更することを発表しました。

【ポイント】
●6月2日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の「警戒レベル1」部分を変更することを発表しました。

【本文】
1 2月27日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の「警戒レベル1」(PART I、SECTION [6]、I. PREVENT)部分の内容を変更することを発表しました。その概要は以下のとおり。

(1)予防
 ア 公共・民間の全てのオフィス、建設現場は、国が発行する予防接種要件を条件に100%の能力で運営することができる。ただし、職務又は個人のリスクに基づいて柔軟で代替的な業務の取り決めを提供する場合がある。
 イ 政府機関は、100%の現場の労働力を遵守する。遠隔地の作業は、公務委員会及び大統領府によって発行された関連する規則に従う
 ウ 警戒レベル5、4、3、2で制限された定員で運営または、実施が禁止、または許可されているすべての施設、活動は、100%での運営、または実施することができる。ただし、集団集会への参加、または屋内施設に入る場合には、完全にワクチン接種した証明書を提示する必要がある。
 エ 公共交通機関は、最大座席数で運用できる。警戒レベルの高い地域と警戒レベル1との地域間の移動の場合、乗客定員率が低い定員でなければならない。
   また、警戒レベル1との地域間を移動する航空、海上、鉄道の場合、仕切りをなしに乗客定員は100%での運行となる。また、「警戒レベル1」の地域間の移動の際には、フィリピン科学技術省(DOSTv)旅行管理システム(S-Pass)は必要ない。

2 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。

【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第168-E号:「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の変更)
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2022/06jun/20220604-IATF-Resolution-168E-RRD.pdf

●大統領府コミュニケーション・オペレーション・オフィス(PCOO)(IATFは完全なワクチン接種証明書の提示を条件として、警戒レベル1で100%の能力での運営を許可)
 https://pcoo.gov.ph/news_releases/iatf-allows-100-capacity-in-alert-level-1-subject-to-presentation-of-proof-of-full-vaccination/ 

●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」(6月4日発表)
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2022/06jun/20220604-IATF-GUIDELINES.pdf

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 在留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
○ 在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在セブ日本国総領事館
住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年06月09日

フィリピンでは人材募集が活性化しつつあります。ですが転職時や新たな仕事を探す際には、情報の収集などが大変ですよね。そこで今回は、フィリピンの主な日系HR企業をご紹介します。フィリピンで魅力的な仕事を見つけて、ご自身のキャリアアップにつなげましょう!

2022年06月06日

グリコの看板商品「ポッキー」に、お酒をあわせておしゃれに楽しんでみませんか?現在は「KAMPAI Pocky」キャンペーンを実施中!今ならBGCの人気のバーでも、期間限定で、ポッキーとの組み合わせが抜群のカクテルを味わえます♪

2022年06月02日

在フィリピン日本国大使館は6月02日、現在、羽田・成田空港で実施している海外在留邦人等を対象とした新型コロナ・ワクチン接種事業について、7月中旬をもってアストラゼネカ・ワクチン接種を終了することをお知らせしました。

2022年06月01日

マニラで生活をしていると、新鮮な野菜をどこで購入すればよいか、悩んでしまうことも多いですよね。今回ご紹介するThe Farmer’S Kitchen(TFK・ティーエフケー)は、独自のネットワークのもと、新鮮な食材をマニラでオンライン販売しています!ぜひチェックしてみてください。

2022年05月31日

在フィリピン日本国大使館は5月30日、フィリピン政府は、6月1日から6月15日それぞれの地域の警戒レベルを発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you