ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 12歳から17歳の外国人のフィリピンへの入国に係る要件

【在フィリピン日本国大使館から】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について 12歳から17歳の外国人のフィリピンへの入国に係る要件
2022年07月11日更新

在フィリピン日本国大使館は7月11日、12歳から17歳の外人のフィリピンへの入に係る要件について発表しました。

【ポイント】
●完全にワクチンを接種した12歳から17歳の外人は、陰性のRT-PCR検査結果の提示を免除されるとフィリピン政府から発表があったものの、検査結果を提示しないとして入が認められなかったという事例が発生しています。
 現、関係当局への確認を行っており、確認でき次第、改めて案内させて頂きますが、現時点においては12歳から17歳の外人も出発前48時間以内の陰性のPCR検査結果、または出24時間以内に受けた陰性の抗原検査結果を所持してフィリピンされることをお勧めします。

【本文】
1 5月26日及び6月2日(訂正)に当から案内しました「(その207:外人のフィリピンへの入に係る要件等:変更)(5月26日発表)」について、完全にワクチンを接種した12歳から17歳の外人は、陰性のRT-PCR検査結果、または出前24時間以内に受けた陰性の抗原検査結果の提示を免除されるとフィリピン政府から発表があったとの案内をしましたが、今般、陰性のRT-PCR検査結果を提示しないとして入が認められなかったという事例が発生しています。

2 現、関係当局への確認を行っており、確認でき次第、改めて案内させて頂きますが、現時点においては12歳から17歳の外人も出発前48時間以内の陰性のPCR検査結果、または出24時間以内に受けた陰性の抗原検査を所持してフィリピンに入されることをお勧めします。

○参考(IATF決議第168号の該当部分抜粋)
・・・・・・・・・・
1 ウ フィリピン到着時、出発出発前48時間以内の陰性のRT-PCR検査結果、または医療施設、研究所、診療所、薬局、又はその他の同様の施設で医療専門家によって管理・認定された検査室における24時間以内に陰性の抗原検査を提示すること(乗り継ぎ者については、乗り継ぎ空港の敷地外ないし乗り継ぎ入域・入していない者は、これから除かれる。)。ただし、以下の者は上記出発前検査要件から免除される。

1 ウ (イ) 下記1(2)(ア)に該当する完全にワクチン接種した12歳から17歳の外

1(2)(ア) 外人は、出発出発日時から14日間以上前に、2回接種するワクチンを2回接種済みである、あるいは1回接種するワクチンを接種済みの場合にのみ、完全なワクチン接種者とみなされる。
・・・・・・・・・・・

【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第168号:海外から入するフィリピン人、外人の入、検査、検疫規則)
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2022/05may/20220526-IATF-Resolution-168-RRD.pdf

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当ホームページ(フィリピン政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入を予定の方へ)
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html

・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、留届へのメールアドレスの登録、または当ールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、留届(3か月以上の滞)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
フィリピン管理局(BOI)(入に関する照会先)
 Telephone Numbers:(02) 8465-2400 / (02) 8524-3769
 Website:immigration.gov.ph
 Facebook:immigration.helpline.ph  / officialbureauofimmigration
 Twitter:immigrationPh
 Instagram:immigPh
 Email:[email protected] 、[email protected] 、[email protected] 、 [email protected]com

フィリピン検疫局(BOQ)(PCR検査およびワクチンに関する照会先)
 Department of Health (DOH) Call Center
 Department of Health Central Office
 Telephone Number: (02) 8651-7800 local 5003-5005 or (02) 5318-7500
 DOH Call Center text: 0918-8888364
 Email Address: [email protected] OR [email protected]

フィリピン大使
 https://tokyo.philembassy.net/ja/contact-info/#nav-cat

外公連絡先)
○ フィリピン日本大使
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ セブ日本総領事
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ ダバオ日本総領事
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年07月09日

プラスチック梱包資材サービスのミライフィリピンから、新製品が登場しました!再利用もしやすく、消費資材費や輸送コストの軽減にもつながる優れものです♪

2022年07月04日

「掃除したい場所がたくさんある」「汚れがかなり溜まっていて大変…」という方は、ぜひお掃除サービスの力をかりてみませんか?現在EZY LIFESTYLE(イージーライフスタイル)では、プライマー限定のキャンペーンを実施しています!

2022年07月01日

在フィリピン日本国大使館は6月27日、フィリピン政府は、7月1日から7月15日までのそれぞれの地域のCOVID-19対応のための警戒レベルを以下のとおり変更することを発表しました。

2022年06月30日

JETROフィリピンは、フィリピン統計庁(PSA)による5月の消費者物価指数(CPI)上昇率に関する情報を発表しました。

2022年06月28日

フィリピンプライマーが最新号の2022年7月号を発刊しました!今月は「マニラの焼肉特集」と題し、マニラの日本・韓国焼肉店をご紹介。そしてビジネス特集では、ITソリューション・インターネット回線とその周辺業界の注目情報をお届けしています♪

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you