ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(有効なワクチンの見直し等)(9月26日発表)

【在フィリピン日本国大使館から】日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(有効なワクチンの見直し等)(9月26日発表)
2022年09月26日更新

在フィリピン日本国大使館は9月26日、日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置のお知らせしました。

【ポイント】
●10月11日午前0時(日本時間)以降、全ての帰国者・入国者について、世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに掲載されているワクチンの接種証明書(3回)又は出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書のいずれかの提出を求めることとなります。
●日本への御帰国・御入国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

【本文】
1 日本入国の際の新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書について、これまで全ての日本入国者に対して日本で有効と認められるワクチンを接種済みであることの証明書の提出を求めていましたが、10月11日午前0時以降(日本時間)、世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに記載されたいずれかのワクチンを3回(※)接種したことが分かる証明書の提出を求めることとなります。
 なお、ワクチンを3回接種してない場合には、引き続き出発国出国前 72 時間以内の検査証明の提出が必要となります。

 ※ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)等の場合は2回接種をもって3回分相当とみなす。

2 また、同日から入国時検査、入国後待機期間等を求めない、新規入国する外国人の入国者健康確認システム(ERFS)への申請を求めない、外国人観光客の入国についてはパッケージツアーに限定する措置を解除する、入国者総数の上限を設けないこととする等の見直しもされます。

 本情報は、外務省本省から別途「広域情報」で案内されており重複しますが、日本への入国者・帰国者の方の影響を踏まえ、改めて当館から案内させていただくものです。

3 日本への御帰国・御入国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

【関連情報】
○外務省
・新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C083.html
・有効と認められる新型コロナウイルス感染症に関するワクチン接種証明書について(2ページ目):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0926_34_2.pdf

○世界保健機関(WHO)(緊急使用リスト(COVID-19ワクチン)):
 https://www.who.int/news-room/questions-and-answers/item/coronavirus-disease-(covid-19)-vaccines

○厚生労働省(水際対策):
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
○当館ホームページ(日本国政府の発表・関連情報等(日本へ入国・再入国・帰国をご予定の方))
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00310.html

・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 在留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(在外公館連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ日本国総領事館
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2022年12月06日

今年4月にマラテの中心地にオープンした日本食レストラン「Royal Sakura Japanese Restaurant(ロイヤル・サクラ・ジャパニーズ・レストラン)」から、ホリデーメニューが登場!ご家族やご友人と、美味しい和食をお楽しみください。

2022年12月05日

フィリピンプライマーでは、フィリピンでの生活や仕事に役立つコラムを多く掲載しています。今回は、ビジネスや法律、そして料理に関する最新コラムをご紹介します!

2022年12月02日

もうすぐ年末年始。「掃除したい場所がたくさんある」「汚れがかなり溜まっていて大変…」という方は、お掃除サービスの力をかりてみませんか?現在EZY LIFESTYLE(イージーライフスタイル)では、期間限定のキャンペーンを12月31日まで実施しています!

2022年11月30日

在フィリピン日本国大使館は12月02日、フィリピン政府は、これまでフィリピンへ入国する際に登録が必要だった「eARRIVAL CARD」を、「eTravel」に変更すると発表しました。

2022年11月25日

フィリピンプライマーが最新号の2022年12月号を発刊しました!今月は、クリスマスギフト&お土産特集!ビジネス特集では、マニラ日本人会会長フィリピン住友商事社長高野誠司氏のインタビューや、樹脂加工業の注目情報をお届けしています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you