ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【在フィリピン日本国大使館から】NCRの警戒レベルの変更、及び「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の変更等(11月4日発表)

【在フィリピン日本国大使館から】NCRの警戒レベルの変更、及び「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の変更等(11月4日発表)
2021年11月05日更新

在フィリピン日本国大使館は11月5日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)における警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。

【ポイント】
●11月4日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)における警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。
●また、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、全ての警戒レベルの下で許可される人の移動に関する内容を以下のとおり修正することも発表しました。

【本文】
1 11月4日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)におけるCOVID-19対応のための警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。
 ただし、2021年12月1日以降の警戒レベルは、毎月15日、30日に決定されます。また、警戒レベルの変更は、いつでも行うことができ、2週間の評価期間終了後に実行されます。

2 また、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、全ての警戒レベルの下で許可される人の移動に関する内容を以下のとおり修正することも発表しました。

・PART I, SECTION[4]1.(警戒レベル3)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は許可されるが、地方自治政府(LGU)によって制限が課される可能性はある。ただし、18歳未満の人及び感染リスクが高い人の移動は、必要不可欠な商品を購入するため、または労働法、規則に従って許可された職業の人は許可される。
 また、合併症やワクチン接種の状況に関係なく、全ての年齢層に屋外運動も許可される。

・PART I, SECTION[5]1.(警戒レベル2)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は許可されるが、LGUによって制限が課される可能性はある。

・PART I, SECTION[6]1.(警戒レベル1)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は、年齢や合併症に関係なく許可される。

3 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。

【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)
・決議第147号(NCRの警戒レベルの変更等)
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2021/09sept/20211104-IATF-Resolution-147.pdf

・2021年11月4日改訂「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」
 https://www.officialgazette.gov.ph/downloads/2021/09sept/20211104-IATF-Guidelines-RRD.pdf

●大統領コミュニケーション・オペレーション・オフィス(PCOO)(11月5日からNCRの警戒レベル2)
 https://pcoo.gov.ph/news_releases/metro-manila-under-alert-level-2-starting-november-5/

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html

 


問い合わせ窓口

 

○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ日本国総領事館
 住所:7th floor,Keppel Center,Samar Loop cor. Cardinal Rosales Ave.,Cebu Business Park,Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

※本文は在フィリピン日本国大使館からのメールを引用しています。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年11月05日

フィリピン政府は4日夜、マニラ首都圏のアラートレベルを2に引き下げると発表しました。期間は11月5日~21日までです。

2021年11月03日

在フィリピン日本国大使館は10月3日、フィリピン政府は、全国的な12~17歳の子供のワクチン接種を、今週から開始することを発表しました。

2021年11月01日

フィリピンプライマーが最新号の11月号を発刊しました!今月の特集では、マニラのスイーツとお酒情報をたっぷりとご紹介。プレゼントやお持たせ、自分へのご褒美におすすめしたいアイテムを多数掲載しています。ほかにも、レストランの最新情報やビジネス情報が満載。ぜひ手に取ってご覧ください♪

2021年11月01日

JETROフィリピンは11月2日、未成年への新型コロナワクチン接種についての情報を発表しました。

2021年10月29日

在フィリピン日本国大使館は29日、フィリピン政府は、日本国政府発行の新型コロナワクチン証明書を有効することを承認との通知がありました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you