ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】貿易産業省、輸入完成車へのセーフガード暫定措置を発動へ

【JETROフィリピンから】貿易産業省、輸入完成車へのセーフガード暫定措置を発動へ
2021年01月07日更新
広告
広告

JETROフィリピンは6日、輸入完成車へのセーフガードについての情報を発表しました。


貿易産業省、輸入完成車へのセーフガード暫定措置を発動へ

 

フィリピン貿易産業省(DTI)は1月4日、輸入完成車に対するセーフガード暫定措置を発動すると発表した。乗用車に対して1台につき7万ペソ(約15万4,000円、1ペソ=約2.2円)、小型商用車に対して1台につき11万ペソの関税を、現金担保のかたちで賦課する。セーフガード暫定措置は、発動から200日間適用される。並行して、関税委員会(TC)が正式なセーフガード発動に関する調査を行う。同調査において、輸入の増加が国内産業に重大な損害を与えている、または与える恐れがあるとされない場合には、暫定措置による関税引き上げ分(現金担保のかたちで付加された関税分)は払い戻される。

 

DTIは、自動車や鉄鋼、造船、鉱業分野の労働者で構成される労働組合「フィリピン・メタルワーカーズ・アライアンス(PMA)」からの申請を受け、2020年2月からセーフガード発動に関する予備調査を行っていた(2020年2月21日記事参照)。

 

同組合は、完成車の輸入が増加していることで、フィリピン国内の自動車産業界の雇用がダメージを受けていると主張し、輸入完成車へのセーフガード発動を政府に求めていた。DTIは、調査対象期間である2014~2018年に、乗用車・小型商用車ともに国内生産に比べて海外からの輸入が大きく増加しており、国内自動車産業の保護が必要と判断し、セーフガード暫定措置の発動に踏み切る。

 

国内自動車産業界は国内市場の回復への負の影響を懸念

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年の自動車販売台数は大きく減少している。ASEAN自動車連盟(AAF)の発表によると、フィリピンにおける1~10月の四輪の新車販売台数は、前年同期比42.7%減の17万3,035台だった。自動車産業界では、政府がセーフガードを発動すると、市況がさらに悪化するとの懸念もある。フィリピン自動車工業会(CAMPI)は現地メディアの取材に対し、「セーフガードが発動すれば、自動車産業界の回復にマイナスの影響を与えるだろう」とコメントした(フィルスター2021年1月2日)。

(吉田暁彦)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年01月06日

BDOジャパンデスクが13日、ランチウェビナーを開催します!テーマは海外送金。日々の生活に必要なお金の知識を専門家から学び、ニューノーマルの生活や仕事に役立てましょう!

2020年12月29日

フィリピン政府は29日、新型コロナウイルス感染症対策として、日本を含む世界20カ国からの旅行者について、30日から1月15日までの入国を禁止すると発表しました。

2020年12月29日

ジャパニーズヘルプデスクは28日、年末年始の休業情報について発表しました。

2020年12月28日

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)とドゥテルテ大統領は12月28日、新型コロナウイルス感染症に関するコミュニティー隔離についての会見を行いました。マニラ首都圏は1月31日までGCQ(一般的な防疫地域)が継続されます。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー