ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【JETROマニラから】知的財産庁、ローカル市場での模倣品・海賊版取り締まり強化へ

【JETROマニラから】知的財産庁、ローカル市場での模倣品・海賊版取り締まり強化へ
2023年01月23日更新

JETROマニラは23日、知的財産庁、ローカル市場での模倣品・海賊版取り締まり強化に関する情報を発表しました。

フィリピン知的財産庁(IPOPHL)は1月16日、同国ローカル市場での模倣品や海賊版の流通に関して対策を強化していくと表明した。IPOPHLの表明は、欧州委員会が2022年12月に発表した最新の「模倣品・海賊版ウォッチリスト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」において、マニラ首都圏にあるバクララン市場(パラニャーケ市)、ディビソリア市場(マニラ市)、グリーンヒルズ・ショッピング・センター(サヌアン市)、カルティマール市場(パサイ市)が模倣品の販売市場として指摘されたことを受けたもの。

 

IPOPHLは近く、これらのローカル市場が立地する自治体やショッピングモールの管理者に対して、模倣品や海賊版の取り締まりを強化するよう命じる意向だ。

 

模倣品・海賊版ウォッチリストによると、バクララン市場とディビソリア市場では特に靴を中心に、小売り・卸売りともに広範な品目で模倣品が流通しているとする。また、グリーンヒルズ・ショッピング・センター、カルティマール市場については、より精巧な模倣品が取引されているという。なお、フィリピン政府は2022年4月にグリーンヒルズ・ショッピング・センターのみで総額6,300万ペソ(約1億5,120万円、1ペソ=約2.4円)にも上る模倣品を押収した。押収された商品の中には、有名ブランドのルイ・ヴィトンの模倣品もあった。

 

模倣品・海賊版ウォッチリストに掲載された場所には、多くの小売店が立ち並び、庶民的なマーケットして、フィリピン人が日常的にショッピングで利用している。

 

※詳細はこちらから!

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2023年02月03日

マカティの商業ビル「ザ・リンク」にて2月17日から19日まで「Art Fair Philippines(アートフェア・フィリピン)2023」が開催されます!リアルでの開催は3年ぶり!週末のお出かけに、ぜひチェックしてみてください♪

2023年02月02日

グリコフィリピンが今年のバレンタインデーの期間限定で、ポッキーブーケとワインがセットになった商品をMITSUKOSHI BGCで販売します!

2023年01月27日

フィリピンプライマーが最新号の2023年2月号を発刊しました!今月のメイン特集は「歩きたくなる街レガスピの魅力を徹底紹介」。ビジネス特集では、電子・電気、化学品の注目情報をお届けしています。また、『フィリピンは今が旬』という力強いコメントをいただいた、 独立行政法人国際協力機構(JICA)所長 坂本威午氏のビジネス烈伝もぜひご覧ください!

2023年01月26日

フィリピンにいながら日本の文化が楽しめる『JAPAN FIESTA(ジャパンフィエスタ)2023』が、マカティで2月18日と19日に開催されます!フィリピンで日本の魅力を楽しめる絶好のチャンスをお見逃しなく♪

2023年01月24日

フィリピンに長期滞在している人は必ず手続きが必要な「Annual Report」(アニュアルレポート)。2023年は3月1日が最終期限になっています。今回は手続きの方法や持ち物などをご紹介いたします!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you