ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【JETROマニラから】成長するIT-BPM産業、2022年は前年比8~10%の増収見込み

【JETROマニラから】成長するIT-BPM産業、2022年は前年比8~10%の増収見込み
2022年09月19日更新

JETROマニラは、フィリピンのIT-BPM産業に関する情報を発表した。


ITを活用した業務委託サービスであるIT-BPM産業(注)の業界団体「フィリピンITビジネスプロセス協会」(IBPAP)は9月1日、フィリピンのIT-BPM産業について、2022年の収益が前年比で8~10%、フルタイム従業員が7~8%増加する見込みと明らかにした(「ビジネス・ワールド」紙2022年9月1日)。また、新型コロナ禍からの経済回復を受け、今後の6年間で新たに110万人超の雇用を生み出す可能性があると指摘した。

 

新型コロナ禍でも産業の収益性を維持・拡大

 

2020年の新型コロナウイルスの感染拡大直後、劣悪な通信環境や従業員の在宅勤務環境の未整備からフィリピンの一部のIT-BPM関連企業では、生産性が低下した。その後、従業員への通信機器の支給や情報管理体制の整備などの企業努力により、在宅勤務によるサービス提供が可能となった企業もある。2021年には、フィリピンのIT-BPM産業全体で295億ドルの収益を生み出し、前年比10.5%の増加となった。また、同年、同産業に従事する者は144万人だった。

 

フィリピン大手のリサール商業銀行のチーフエコノミスト、マイケル・リカフォート氏は「フィリピンは世界最大の業務アウトソース先の1つであり、IT-BPM産業は新型コロナ禍でも成長を持続させてきた」と話す。同氏は、フィリピン国内でのIT-BPM産業の成長地域として、マニラ首都圏郊外を挙げている。中でも、大学が立地するエリアは、安定的な労働力供給の観点から優れているとした。また、マニラ首都圏郊外は不動産価格などのオペレーションに係る費用が低く、企業にとってコスト節約につながると付け加えた。

 

(注)「IT-BPM産業」は、ITを活用した業務委託サービス全般を指し、さまざまなサービス分野を包含する。その範囲は、コールセンター、医療情報管理、バックオフィス業務からソフトウエア・サービス、ゲーム開発、アニメーション制作まで多岐に及ぶ。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)


(フィリピン)

 

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2024年02月01日

グリコフィリピンは、「アーモンド効果」の発売を記念し、フィリピンの人気チョコレートブランドAuro Chocolateとコラボし、ポップアップカフェをMITSUKOSHI BGCにオープンしました。バレンタインシーズンにぴったりのカフェです🎵

2024年02月01日

特定非営利活動法人アクション(ACTION;代表横田宗氏)の30周年を祝うレセプションが、去る2024年1月31日(水曜日)国際協力機構(JICA)フィリピン事務所主催、在フィリピン日本国大使館の協力のもと、日本国大使公邸で開催されました。

2024年02月01日

2024年1月26日、スカイケーブルはケーブルテレビ放送を2024年2月26日に終了し、インターネットサービスのみの提供に移行すると発表した。

2024年01月30日

2月3日は節分!2024年の吉方の「東北東」に向かって、願い事をしながら恵方巻を食べてみませんか。今回は、マニラで恵方巻を販売しているレストランやショップを紹介します。

2024年01月25日

この特集では、2月10日、2024年のチャイニーズニューイヤーに向けて、メトロマニラの美味しい中華料理レストランをピックアップ!ホテルの高級中華から、中国人経営の街中華まで、あらゆるシーンで利用できるレストランを選びました。また今回のビジネス烈伝では、みずほ銀行マニラ支店 支店長の松尾 健 氏にフィリピン支店開設30年目に向けて目指すところを語っていただきました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you