ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】2021年の経済成長率を5~5.5%に上方修正

【JETROフィリピンから】2021年の経済成長率を5~5.5%に上方修正
2021年12月24日更新

JETROフィリピンは23日、フィリピンの経済成長率についての情報を発表しました。


フィリピン開発予算調整委員会(DBCC)は12月14日、2021年の経済成長率の予測値を5%~5.5%へ上昇修正することを発表した(8月時点の予測値は4~5%)。

 

DBCCはその理由として、新型コロナウイルスのデルタ型変異株の感染拡大を抑制するために厳格な移動・経済制限措置を導入したにもかかわらず、同年第3四半期(7~9月)の成長率が7.1%と高かかったことと、制限措置の緩和によって第4四半期(10~12月)は経済活動のさらなる活性化が期待されることを挙げた。

 

なお、2022年の経済成長率の予測値は7~9%、2023年と2024年は6~7%とした。GDPは2022年には「新型コロナ禍」前の水準に回復する見込み。

 

DBCCは併せて、各種のマクロ経済指標の予測値も発表した。概要は以下のとおり。

 

  1. 物価上昇率(年率):2021年は4.3~4.5%、2022年から2024年は2~4%。
  2. ドバイ原油価格:2021年は1バレル68~70ドル、2022年から2024年は同60~80ドル。
  3. 為替レート:2021年は1ドル49~50ペソ(約112.7~115円、1ペソ=約2.3円)、2022年から2024年は1ドル48~53ペソ。
  4. 財輸出の増加率(年率、BPM6準拠、注):2021年は16%、2022年から2024年にかけて6%。
  5. 財輸入の増加率(年率、BPM6準拠):2021年は30%、2022年は10%、2023年と2024年は8%。
  6.  

(注)2008年にIMFが公表した国際収支マニュアル第6版に準拠する。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年12月23日

在フィリピン日本国大使館は12月23日、フィリピン在住の日本人を対象とした新型コロナ・ワクチン接種(今後の事業に関する御案内)に関してお知らせしました。

2021年12月21日

フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクが21日、日本の大手銀行のりそなグループ4行との業務提携を発表しました!今回の提携を通じて、日系企業のフィリピン進出支援や進出後の融資など、さまざまなサービスの拡大が期待されています。フィリピンと日本のビジネスが益々発展していく予感がして、とっても嬉しいニュースですね♪

2021年12月21日

在フィリピン日本国大使館は12月21日、日本における海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業の期間延長についてお知らせしました。

2021年12月21日

台風22号の影響により在セブ総領事館で発生しておりました電話回線障害につきましては、未だ不安定ではありますが、固定電話回線、インターネット回線等一部復旧いたしました(携帯電話は未だ不安定)。つきましては、セブ総領事館にご用の方は以下のとおり改めてご案内申し上げます。

2021年12月20日

ぱっと華やかなギフトやプレゼントの定番の花束。ウェブサイトからすぐにオーダーできる、マニラ近辺のフラワーショップをご紹介します!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you