ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】フィリピン政府、2023年の商業衛星打ち上げを発表

【JETROフィリピンから】フィリピン政府、2023年の商業衛星打ち上げを発表
2021年10月22日更新

JETROフィリピンは22日、フィリピン政府が発表した2023年の商業衛星打ち上げ計画についての情報を公開しました。


フィリピン政府、2023年の商業衛星打ち上げを発表

 

フィリピン大統領府は10月13日、フィリピンが2023年に新たな商業衛星の打ち上げを予定していることを発表した。同衛星は、「MULA(Multispectral Unit for Land Assessment)」と名付けられており、フィリピン宇宙庁(PhilSA)が開発を進めている。

 

MULAに搭載されるカメラは、120キロの範囲で、5メートル解像度で対象を識別することが可能だ。フィリピン政府は、MULAを駆使して、同国の通信状況を改善させるとともに、MULAから得られるデータを災害管理や農業へ活用することを狙っている。

 


農業分野については、衛星データを利用することで、農作物の栄養状態や生育状況、ストレス要因などを分析することが可能となる。また、土地の使用状況についても分析可能、と同政府は説明している。

 

フィリピン国内の通信環境が改善されることについて、金融産業への便益も大きいとの見方がある。フィリピン中央銀行(BSP)は10月14日、衛星通信技術について、フィリピンでの金融包摂(注)やデジタル金融の普及を促進させる可能性があると発表した。BSPは、特にインターネットへの接続が進んでいない僻地(へきち)で、衛星通信が重要な役割を果たすと説明する。これらの地域では、これまで低所得層を中心に金融サービスを十分に享受できていなかった。衛星通信によって、新たにインターネットへのアクセスが可能になることで、金融機関はATMなどのデータ通信を必要とする金融サービスを僻地で展開することが可能になる。

 

加えて、国民IDを利用したオンライン上での本人確認システムへの通信接続を可能とすることにより、これまで金融サービスにアクセスできなかった地域やコミュニティでイノベーティブなデジタル金融サービスの利用が進展するだろうとBSPは指摘した。

 

(注)ファイナンシャル・インクルージョン。国民全員が、基本的な金融サービスを受けられること。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年10月19日

在フィリピン日本国大使館は19日、フィリピン政府は、10月14日に発表したコミュニティ隔離措置の変更内容について、一部地域を再度変更することを発表しました。

2021年10月18日

コロナ禍でもフィリピンの基幹産業として注目を集めるBPO産業。市場規模やこれまでの変遷に加えて、今後の見通しは特に気になるポイントですよね。そこで今回は、日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)マニラさんにフィリピンのBPO産業についてお伺いしました!

2021年10月18日

マカティのリトル東京近辺に、ラーメン店の蔵之介(kuranosuke・くらのすけ)がオープンしました!ラーメン以外にも寿司やお刺身、カレーといった定番の和食がお手頃価格で楽しめます。ぜひ足を運んでみてください♪

2021年10月18日

JETROフィリピンは18日、モバイル版の国民IDに関する情報を発表しました。

2021年10月15日

在フィリピン日本国大使館は15日、フィリピン政府は、フィリピンに入国する渡航者の検査・検疫プロトコルを変更することを発表しました。なお、日本は「イエロー」国/地域/管轄区域に該当します。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you