ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】足踏み続くかフィリピン自動車産業の回復

【JETROフィリピンから】足踏み続くかフィリピン自動車産業の回復
2020年09月14日更新
広告
広告

JETROフィリピンが新型コロナウイルス感染症に関する新しい情報を発表しました。フィリピン自動車産業の直近の動向についてです。

足踏み続くかフィリピン自動車産業の回復

 


ASEAN自動車連盟(AAF)が9月3日に発表した、ASEAN主要国の自動車(四輪、二輪)生産・販売実績によると、フィリピンの1~7月の四輪車販売台数は、前年同期比48.7%減の10万5,583台だった(添付資料参照)。二輪車販売についても、42.2%減(56万4,311台)となった。

 

四輪車販売台数の落ち込みは、AAFが発表している8カ国の中で、シンガポール(53.4%減)、インドネシア(49.9%減)に次いで3番目だった。一方、生産面では、四輪車が32.7%減(3万3,715台)にとどまる一方、二輪車は60.7%減(27万747台)と減少が著しかった。3月中旬から5月中旬までフィリピン全土で実施した、厳格なコミュニティ隔離措置によって、自動車の製造・販売が禁止されていた。そのため、4月には生産・販売がともにほぼゼロになるなど、大きな影響が出ていた。

 

月別でみると、「新型コロナ禍」で低迷していた生産、販売台数が、5月から月を追うごとに回復してきている。四輪の販売台数は、4月に前年同月比99.5%減の133台だったが、7月には2万542台(35.4%減)となった。しかし、8月にマニラ首都圏と近隣州で制限措置が再び厳格化されたため(2020年8月3日記事参照)、先行きの見通しは不透明だ。

 

ジェトロが現地の日系企業から聞いたところ、現在、フィリピンの自動車製造業が直面する主な課題として、まず、長期にわたるコミュニティ隔離措置による経済活動の停滞と、消費市場の縮小を挙げる声が出ている。次に、感染対策に伴う経費負担の増大と、現場の作業効率の低下も課題だ。

 

その例として、従業員の通勤用シャトルサービスの独自手配や、通勤中、生産ライン、食堂など、あらゆる局面でのソーシャルディスタンス確保、感染者や濃厚接触者が発生した場合の出勤シフト再調整、などが挙げられる。さらに、外国人の入国制限で現場に必要な人材を欠いているケースなどもある。また、国の規制とは別に、地方自治体が独自に厳格なルールを適用し、現場が混乱する事例も散見される。

(石原孝志)


(フィリピン)

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加


 

 

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年09月13日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「フィリピン全国のホテル、最大70%割引で宿泊券販売!」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年09月11日

日系サロンのKIYOSA Japanese Total Beautyが新店舗をマカティにオープンしました!いまならプライマー限定の嬉しい特典も!ぜひチェックしてみてください。

2020年09月09日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「マカティの企業・事業主に助成金?」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年09月09日

JETROフィリピンは9日、新型コロナウイルス感染症に関する新しい情報を発表しました。

2020年09月07日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「SNS利用に注意を、コミュニティ隔離措置規制違反になる可能性有?」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel