ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】2020年の人口は1億903万人、5年間で800万人超増加

【JETROフィリピンから】2020年の人口は1億903万人、5年間で800万人超増加
2021年07月15日更新

JETROフィリピンは15日、フィリピン統計庁(PSA)が実施した同国の人口調査についての情報を発表しました。


2020年の人口は1億903万人、5年間で800万人超増加

 

 

フィリピン統計庁(PSA)は7月7日、同国の人口が2020年5月1日時点で1億903万5,343人だったと発表した。2015年の人口調査時には1億98万1,437人で、前回調査時と比較して人口は805万3,906人増加した。2015年から2020年にかけての年平均人口増加率は、1.63%となる。2010年から2015年にかけての増加率は1.72%だったため、若干増加率が低下したものの、高い水準を維持している。なお、日本については、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2015年から2020年にかけての年平均人口増加率は、マイナス0.28%とされている。

 

地域別人口では、17の行政区域のうち、カラバルソン地域が1,619万5,042人と最大だった。次にマニラ首都圏1,348万4,462人、中部ルソン地域1,242万2,172人と続き、これら3地域で2020年のフィリピン全人口の38.6%を占めている。最も人口が少ない地域は、コルディエラ地域で179万7,660人だった。

 

カラバルソン地域の2015年から2020年にかけての年平均人口増加率は、フィリピン全体を大きく上回る2.48%で、17の行政区域の中で2番目に高い(最高はバンサモロ・ムスリム・ミンダナオ自治地域の3.26%)。一方、マニラ首都圏は人口規模が2番目に大きいものの、年平均人口増加率は全国平均を大きく下回る0.97%だった。

 

人口開発委員会によると、高い水準での人口増加は、将来的には豊富な労働供給をもたらすなど、フィリピン経済に便益をもたらす可能性がある。しかし、急激な人口増加が起こった際に、教育や就労の機会を提供することができなければ、これら人口の生活を支えるために、家計支出や社会保障費の増大といったかたちで社会的なコストが大きく発生するリスクがある。

 

そのため、フィリピン政府は、高い水準にある人口増加率を抑える方針を打ち出している。PSAの発表を受け、人口開発委員会のアントニオ・ペレス次官は7月8日、「2025年には出生率が、人口置換水準(注)へと低下し、安定的な人口動態が実現するだろう」との見解を示した(「ビジネス・ミラー」紙7月8日)。

 

(注)人口置換水準とは、人口が長期的に増えも減りもせずに一定となる出生の水準を意味する。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年07月14日

在フィリピン日本国大使館は14日、日本における海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業について、7月19日正午(日本時間)からインターネット予約受付を開始することを発表しました。

2021年07月14日

BDOジャパンデスクが21日、ミニウェビナーを開催します。テーマは「投資家診断と運用アプローチ」。自身の投資家としてのタイプを確認しながら、この機会に運用アプローチについて学んでみましょう!

2021年07月14日

JETROフィリピンは14日、フィリピン国内の製造業の動向に関する情報を発表しました。

2021年07月13日

そろそろ美容院でキレイになりたい!そんなプライマー読者の皆さんに、今回はマニラの美容室情報をお届けします。お得なプライマー特典もご紹介していますので、この機会にサロンで美しくになりましょう♪

2021年07月12日

パサイ市のホテルオークラマニラの日本食レストラン「山里」が、夏の旬の食材を堪能できる会席メニューを始めました!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー