ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】中国シノバック製の新型コロナワクチンに好評価

【JETROフィリピンから】中国シノバック製の新型コロナワクチンに好評価
2021年06月21日更新


JETROフィリピンは21日、フィリピン国内の新型コロナワクチンに関する情報を発表しました。


中国シノバック製の新型コロナワクチンに好評価

 

フィリピンのガルベス大統領顧問は6月14日、フィリピン国家タスクフォース(NTF)の場で、シノバック(中国)製の新型コロナウイルスワクチンが政府のワクチン接種プログラムの優先接種グループA4(経済活動で現場業務に従事する者、注)への拡大に大いに貢献していると述べた(政府通信社6月15日)。

 

政府は同月7日から優先接種グループA4へのワクチン投与を開始している(2021年6月7日記事参照)。同顧問はまた、シノバック製ワクチンの安定した供給は、国内で感染が現在拡大しているビサヤ地域やミンダナオ地域での接種の大きな助けになると述べた。6月14日時点で、フィリピンには750万回分の同社製ワクチンが到着している。

 

5月には、フィリピンで人気のあるファイザー(米国)製ワクチンがマニラ首都圏のパラニャーケ市のモールで接種できるとの期待が広まり、住民が殺到した。これを受けて、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、ワクチン接種の際にはブランドを選択することができないと国民に強調していた。しかし、現在ではシノバック製の需要が増加し、ほとんどの地方自治体では、物流や保存面で融通性のあるシノバック製の供給を増やすように求めている。

 

フィリピンには、2月28日のワクチン接種開始以来、6月14日までに寄贈を含めて1,260万5,870回分のワクチンが到着している。6月11日時点で、政府は優先接種グループA1~A4に対して、計694万8,000回分のワクチンを投与した。1週間の接種回数が3週連続で100万回に達しているが、政府は6月のワクチン供給が安定したら、1日50万回の接種回数を目標としている(政府通信社6月14日)。

 

(注)フィリピン政府はワクチン接種計画の実施に当たり、優先的に接種する対象をグルーピングし、徐々に対象を拡大していく政策を取っている。優先接種グループA1は医療関係者、A2は高齢者、A3は基礎疾患を有する者、A4は経済活動で現場業務に従事する者、A5は貧困層で、番号が小さいほど優先順位は高い。

(蛇見拓斗)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年06月19日

アクセンチュアが現在、フィリピン国内の多様な職種で人材を募集しています!楽しみながら働き、バイリンガルキャリアを築ける環境です。グローバルで活躍したいビジネスパーソンの皆さん、ぜひ詳細をチェックしましょう!

2021年06月18日

日本国内の宅配水業界でシェアNo.1を誇るPremium Water(プレミアムウォーター)が、マニラで富士山の天然ミネラル水の配達をスタートします!現在は7月下旬からのサービス開始にあわせ、事前予約を50人まで受け付け中です。料理や赤ちゃんのミルクなどにも使用できる安全でおいしい天然水を、ご自宅でぜひご利用ください。

2021年06月16日

新型コロナウイルス感染症の影響で、日本への帰国時にはPCR検査の陰性証明が継続して必要となっています。そこで今回は、証明書の発行が可能なマニラ周辺の医療機関やPCRテストを受けられるクリニック情報をお届けします。

2021年06月16日

JETROフィリピンは16日、中国アリババクラウドのデータセンターに関する情報を発表しました。

2021年06月15日

在フィリピン日本国大使館は15日、マニラ首都圏等における規則の改訂に関する新たな情報を発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー