ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】マルコス次期大統領の経済政策に関心が高まる

【JETROフィリピンから】マルコス次期大統領の経済政策に関心が高まる
2022年05月12日更新

JETROフィリピンは12日、大統領選を受けての経済関係者間の反応に関する情報を発表しました。

5月9日に投票が行われたフィリピン大統領選挙にて、故フェルディナンド・マルコス大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏が他候補に大差をつけて勝利した。大統領選での勝利を受け、経済関係者の間で同氏の経済政策に関心が高まっている(「フィルスター」紙2022年5月11日)。

 

なお、マルコス氏は選挙日まで公開討論会へ参加せず、メディアからのインタビューも避けており、政策の詳細は明らかになっていない(「インクワイヤラー」紙2022年5月10日)。

 

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のカール・チュア長官は5月11日、現地紙のインタビューに対して、「ボンボン氏(注)は経済関係者の理解を得るために、自身の経済政策を明らかにするべきだ」とコメントした。J.P.モルガンは5月10日、「投資家はボンボン氏が政界での実績がないことを懸念しており、主要な財閥に対する同氏のスタンスについて注視している」と指摘した。

 

なお、J.P.モルガンはフィリピンのマーケットについて、高いインフレ率や選挙期間後における財政支出の低下、高い公的債務水準といった多くの課題が存在していると分析している。

 

外国商工会議所からも次期政権に対する期待や提言

 

在フィリピン欧州商工会議所(ECCP)は5月11日、「貿易取引を活発化し、フィリピンへの対内直接投資や雇用を増加させるためにも、次期政権のリーダーに対しては経済開放政策を進展させるよう期待している」と現地メディアに対してコメントした。

 

また、在フィリピン英国商工会議所(BCCP)は5月10日、「マルコス政権はさらなるビジネス環境の改善に取り組むべき」と提言しつつ、インフラ分野に関しては「特にデジタル分野やフィリピンにおける人材基盤を拡大させる教育分野への投資の機会を探している」とコメントした。

 

(注)フィリピンでの通称はボンボン・マルコス氏。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年05月12日

マカティでチキン料理を手がけるMando’s Wing Shack が、現在フランチャイズオーナーを募集しています!フィリピンの食ビジネスに興味がある方は、ぜひお問い合わせください♪

2022年05月10日

在フィリピン日本国大使館は5月10日、マニラ首都圏及び近郊地域における邦人犯罪被害の傾向について注意喚起しました。

2022年05月09日

JETROフィリピンは9日、ロシア・ウクライナの軍事衝突などが与えるフィリピン経済への影響に関する情報を発表しました。

2022年05月06日

在フィリピン日本国大使館は5月06日、マニラ首都圏マカティ市、ケソン市、モンテンルパ市、タギッグ市等は、大統領選挙等に伴い交通規制を行うことを発表しました。

2022年05月05日

5月8日(日)は母の日です!お母様に、職場の仲間に、普段の感謝の気持ちを込めてケーキやグルメのプレゼントはいかがでしょうか?マニラのおすすめショップやレストランの母の日プロモーションを厳選してお伝えします!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you