ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【ジェトロマニラから】マルコス政権、8つの社会経済政策アジェンダ発表

【ジェトロマニラから】マルコス政権、8つの社会経済政策アジェンダ発表
2022年08月01日更新

ジェトロマニラは1日、マルコス政権の8つの社会経済政策アジェンダに関する情報を発表しました。


マルコス政権、8つの社会経済政策アジェンダ発表

 

フィリピンのベンジャミン・ディオクノ財務相など経済閣僚らは7月26日、マルコス大統領の施政方針演説後に行われた経済ブリーフィングで、マルコス政権での8つの社会経済政策アジェンダを明らかにした(「CNNフィリピン」7月26日)。

 

アジェンダは物価上昇や新型コロナウイルスなど国民が直面する課題について短期的に実現を目指す項目と、雇用の創出やデジタル化など中期的に実現を目指す項目の2つに分かれている。アジェンダの一覧は以下のとおり。

 

〇短期的に実現を目指すアジェンダ

(1)家計の購買力維持と社会経済的なダメージの緩和:食料安全保障を確保するとともに、家計で発生する交通、物流、エネルギーコストを低減させる。

(2)新型コロナ禍によって発生した社会的な脆弱性の軽減:ワクチン接種を促進するとともに、重症化リスクの高い人々へのブースター接種を実施する。公衆衛生措置の順守を徹底する。新型コロナ禍によって発生している学生などの学習機会損失に対処する。

(3)健全なマクロ経済環境の確保:行政の効率性を高め、健全な財政運営を行う。金融セクターの健全性と革新性を維持する。

 

〇中期的に実現を目指すアジェンダ

(1)雇用機会の拡大:貿易・投資の促進、インフラ整備、エネルギー安全保障の確保などを通じて雇用機会を拡大する。

(2)高付加価値な雇用の創出:高付加価値な分野の雇用創出のため、企業の研究開発(R&D)やイノベーション活動を促進、デジタル経済を強化する。

(3)環境分野の雇用の創出:環境分野の雇用創出のため、グリーンエコノミー・ブルーエコノミーを推進する。持続可能な資源の活用や持続可能なコミュニティーの創出を目指す。

(4)公共秩序の維持、平和・安全の確保

(5)公平な市場環境の提供:市場での企業間競争を促進する。市場参入や起業に当たっての障壁を軽減させる。

 

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)


(フィリピン)

ジェトロのページはこちらから!

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2022年07月28日

フィリピンに入国するためには「ONE HEALTH PASS」への登録が必要ですが、フィッシング詐欺と思われるサイトが存在しますので、ご注意ください。

2022年07月26日

フィリピンプライマーが最新号の2022年8月号を発刊しました!今月は「マニラでイタリアンを食べつくす」と題して、マニラのイタリアンを徹底取材!ほかにも、ミニ特集の「ミルク特集」や、内装不動産のビジネス特集など、充実した内容になっています。ぜひお手に取ってご覧ください♪

2022年07月24日

フィリピンでアニメやオタク文化を楽しめる、「OTACUTE COSPLAY FESTIVAL」がマニラで7月30日と31日に開催されます!着物ショーやコスプレイベントも開催されますので、ぜひお楽しみください♪

2022年07月22日

フィリピン市場や業界調査をはじめ、人材マネジメントや業務改革のコンサルティングを提供する、野村総合研究所(NRI)マニラ支店。今回の「フィリピンビジネス通信」ではコロナ禍で注目が集まる「サステナビリティ」 についての専門家インタビューをお送りします!

2022年07月21日

海外から付添人(18歳以上の成人)と一緒にフィリピンに入国する未成年外国人の入国要件(規則)について、改めて案内します。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you