ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > プライマーブログ > 【フィリピン速報】マニラ首都圏は7月15日までGCQ継続へ

【フィリピン速報】マニラ首都圏は7月15日までGCQ継続へ
2020年07月01日更新

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)とドゥテルテ大統領は6月30日深夜、新型コロナウイルスに関するコミュニティー隔離についての会見を行いました。マニラ首都圏は7月15日までGCQ(一般的な防疫地域)が継続されます。

ドゥテルテ大統領とIATFは6月30日深夜から7月1日日未明にかけてテレビ演説を実施。7月15日まで首都圏マニラはGCQ(一般的な防疫地域)が継続されることが発表されました。

 

新しい検疫区分は下記の通りです。

 

■ECQ
セブシティ

 

■GCQ

マニラ首都圏
ベンゲット
カビテ
リサール
レイテ
オルモック
南レイテ
マンダウエシティ
ラプラプシティ
など

■MGCQ
セブ州を含む、その他のRegion 7の地域
およびフィリピン全ての地域

 

外資企業の工場が多い首都圏近郊のラグナ州とバタンガス州はMGCQに移行されました。

 

フィリピンでは首都圏マニラなどが6月1日からGCQ(一般的な防疫地域)に移行しており、その後の動向が注目されていました。過去の会見についてはこちらから!

現地のニュースサイトから引用

 

IATFのメンバーは「フィリピン経済を早く再開させるべきだ」と指摘。財務大臣のCarlos Dominguez氏は「マニラ首都圏可能な限り早くMGCQに移行させるべきである」と言及しました。

 

一方でECQが継続されているセブ市では感染者数が急増しており、ドゥテルテ大統領は会見で「セブシティは新型コロナウイルスのホットスポットになっている」と不満の声をもらしました。

6月29日時点でフィリピンで新型コロナウイルスに感染した患者数は人36,438人、死者数は1,255人にのぼっています。最新の情報はフィリピン保健省のサイトからも確認できます。

 

 

詳細は最新の現地のニュース在フィリピン日本国大使館からの情報をチェックしましょう!

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID:@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

コメント / トラックバック 4 件

田中忠男 | 
 

マニラに彼女がいるのですがまだまにらへいけないのですが、どうすればいいか?

プライマー編集部 | 
 

田中忠男さま

プライマー編集部です。

プライマーでは渡航情報に関する最新の情報もお届けいたしますので、引き続きご確認いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

プライマー編集部

LARA | 
 

私は、母に会いに日本に来ているのですが、延長90日も入管に申請して、帰国が7月20日に帰国しなければいけません。
フィリピンに帰るのですが、アメリカとフィリピンは、コロナウィルスの感染が一番多いのですが、帰国を伸ばす事は可能ですか?

プライマー編集部 | 
 

LARAさま

プライマー編集部です。

現在日本にいらっしゃるとのことで、詳細は在日フィリピン大使館(URLはこちら)に直接ご確認いただけますと幸いです。質問は日本語のほか、英語やフィリピン語にも対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

プライマー編集部

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着ブログ

2023年02月03日

マカティの商業ビル「ザ・リンク」にて2月17日から19日まで「Art Fair Philippines(アートフェア・フィリピン)2023」が開催されます!リアルでの開催は3年ぶり!週末のお出かけに、ぜひチェックしてみてください♪

2023年02月02日

グリコフィリピンが今年のバレンタインデーの期間限定で、ポッキーブーケとワインがセットになった商品をMITSUKOSHI BGCで販売します!

2023年01月27日

フィリピンプライマーが最新号の2023年2月号を発刊しました!今月のメイン特集は「歩きたくなる街レガスピの魅力を徹底紹介」。ビジネス特集では、電子・電気、化学品の注目情報をお届けしています。また、『フィリピンは今が旬』という力強いコメントをいただいた、 独立行政法人国際協力機構(JICA)所長 坂本威午氏のビジネス烈伝もぜひご覧ください!

2023年01月26日

フィリピンにいながら日本の文化が楽しめる『JAPAN FIESTA(ジャパンフィエスタ)2023』が、マカティで2月18日と19日に開催されます!フィリピンで日本の魅力を楽しめる絶好のチャンスをお見逃しなく♪

2023年01月24日

フィリピンに長期滞在している人は必ず手続きが必要な「Annual Report」(アニュアルレポート)。2023年は3月1日が最終期限になっています。今回は手続きの方法や持ち物などをご紹介いたします!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you