ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  小売業自由化法の改正審議状況【フィリピン法律あらかると第七十六回】

小売業自由化法の改正審議状況【フィリピン法律あらかると第七十六回】

『小売業自由化法の改正審議状況』


今月の事例

Q.現在、小売業自由化法の改正の審議がなされていると聞きましたが、どういう状況でしょうか?
 
 
現在、フィリピンの国会で2000年小売業自由化法(Retail Trade Liberalization Act of 2000;共和国法第8762号)の改正のための審議が行われています。そこで、現在の審議の状況及び、法案の内容についてまとめさせていただきます。
 
 
<現行法の主な内容>
現行法において、小売業については払込資本金が250万米ドル未満以下の法人の場合、外国資本が少しでも入ることは許されておらず、 他方、外国資本が入る場合、最低でも250万米ドルの払込資本金が必要であり、更に、一店舗あたり、83万米ドルの投資を行うことに加え、(a)親会社の純資産が2億ドル以上であること、(b)当該小売業者が最低2500万米ドルの投資を行った店舗を有さない場合、世界で5以上の小売店舗またはフランチャイズ店を有し、(c)小売業で5年以上の実績を有し、(d)当該小売業者の設立国がフィリピンの小売業者の参入を認めていることが必要とされています。これらに加え、事業開始から8年以内に最低30%の株式をフィリピンの証券取引所を通じて公開する義務等が課されています。
 
 
<改正法案の内容>
現行法の厳しい要件は外国法人が子会社を設立して小売業に参入することに対する大きな制限となっており、これを緩和することが国外から強く要請されていましたが、他方、フィリピン国内からは外資に市場を開放することにより、国内の中小業者等が影響を受けることに対する懸念もあり、両者のせめぎ合いが続いていましたが、ようやく法律改正のための法案が国会で審議され、まず、下院において改正法案(下院法案 第59号)が可決され、上院においても改正法案(上院第1840号)が2021年4月に可決されました。もっとも、下院と上院で可決された法案の主な内容は以下の表に示しますとおり、いくつかの点で違いがあります。
 
 
 

下院法案

上院法案

最低払込資本金

20万米ドル

5000万ペソ(3年ごとに見直し)

一店舗あたりの最低投資額

規定を廃止

2500万ペソ(フィリピン人資本が60%以上である場合を除く)

株式公開義務

廃止

廃止

国産製品取扱義務

10%の取扱義務

10%の取扱義務

外国人雇用

規定なし

労働法に従う

 
 
<今後の流れ>
上院と下院で議案の内容が異なる可決を行った場合、各院から4名ずつの代表者が選任されて両院協議会が設置され、そこで法案の一本化が行われ、その結果一本化された議案について、再度上院下院の両方において議決が行われます。これが両院で可決された場合、法案は大統領に送付され、そこで大統領が拒否権を発動せず、署名した場合、法案は法律として正式に成立します。法案の一本化に際して内容が大きく変わる可能性があり、また、大統領が拒否権を発動するかどうかもわかりませんので、果たして現行法が改正されるかどうかも含め、引き続き注目する必要があります。
 
 

結論

A.上院下院で法案が可決されましたが、内容が異なるため、両院協議会で法案のすりあわせがなされています。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
今回は、フィリピン現地法人の株主総会のオンライン開催について解説します。リモート開催時の株主総会の進行方法についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

その他

コミュニティ隔離措置により工場が一時操業停止になったことにより、他の工場への異動を求められたところ、出勤しなかった従業員がNLRCに異議を申し立て、当社に通知が届きました。これはどのような手続でしょうか?
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回は大何弾か忘れましたが、フィリピン料理を作ろう!です。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
常夏フィリピンではお天気に無頓着だけれど、日本では毎朝天気予報をチェックするという人も多いはず。お天気によって左右される私たちの行動パターンは実は経済に深く関わっています。日頃あまり意識しないお天気と経済の関係を専門的な見地から語ってくれた興梠さん。ヨットマンから気象の世界への転身を経て今後目指す道とは?
はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf を紹介したいと思います。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!皆さんはプールを知っていますか!?プールはプールでも泳ぐプールではありません!ビリヤードの事です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー