ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  取締役定員の減員【フィリピン法律あらかると第七十七回】

取締役定員の減員【フィリピン法律あらかると第七十七回】

『取締役定員の減員』


今月の事例

Q.フィリピン法人の取締役の定員を現在の5人から減員したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
 
 
2019年に改正された改正会社法(共和国法第11232号)において、これまでは最低5名必要とされていた取締役の定員に関する条文が廃止されました。これにより、現地法人の取締役のなり手を見つけることに苦労していた場合、取締役の定員を少なくすることによりその悩みから解消されることになります。なお、改正会社法上、取締役の定員の最低人数に関する条文はありませんが、取締役が1名の場合、いわゆる1人会社に関する規定が適用されることになりますので、通常の法人の場合、取締役の定員の最低人数は2名ということになります(最大人数は15名で変わりありません)。もっとも、取締役が2名の場合、取締役の過半数の同意が必要となるケースで賛成と反対が同数となり、決議ができなくなる可能性が捨てきれませんので、3名の取締役とすることが実務的であると思われます。また、フィリピン側の資本が60%、日本側の資本が40%で構成されたいわゆる60/40法人の場合、取締役の比率も日本側の資本比率である40%以下とすることが求められます。したがって、60/40法人において取締役を3名とする場合、フィリピン側の取締役が2名、日本側の取締役が1名とすることが必要です。仮に取締役を2名とする場合、日本側の取締役が1名でも入りますと、日本側の資本比率を超えますので、2名の取締役はいずれもフィリピン人であることが必要です。

それでは次に、取締役の人数を減員するための具体的な手続きについて検討しますと、株式会社の取締役の人数は定款において規定する必要がありますので、定款変更のための手続きが必要です。定款変更のためには、株主総会の特別決議(発行済み株式の3分の2の賛成)及び取締役会の普通決議(過半数の取締役の賛成)が必要となります。取締役会については招集権者がいつでも招集でき、また、株主総会は付属定款で特段の規定がない限り、開催日の1週間前までに全ての株主に対して招集通知がなされる必要があります。取締役会及び株主総会により、取締役の定員減少の決議がなされた場合であっても、直ちに定款変更の効力は発生せず、定款変更の事実を事実をSECに対して通知し、SECの承諾を得ることが必要です。具体的には、変更された定款、取締役証明書、秘書役証明書の提出が必要です。なお、法人は取締役が減員となったあとの取締役を決めておく必要がありますが、辞任する取締役の決定に争いがない場合は、会社の機関決定で辞任する取締役を決めておき、定款変更が認められた時点で、当該取締役から辞任届を受領する形を取れば足ります。
 
 

結論

A.定款の変更が必要となりますので、株主総会での特別決議の他、SECの承認が必要となります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

法律あらかると

  皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
今回は、小売業自由化法の改正審議状況について解説します。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回は大何弾か忘れましたが、フィリピン料理を作ろう!です。
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー