ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  LMC(労使協議制)とは【フィリピン法律あらかると第八十一回】

LMC(労使協議制)とは【フィリピン法律あらかると第八十一回】

『LMC(労使協議制)とは』


今月の事例

Q.当社には労働組合はありませんが、労働者の代表がLMC(労使協議制)の導入を求めると言ってきています。労使協議制とはどのようなものなのでしょうか?
 
 
LMC(労使協議制)とは、Labor Management Cooperationの略称であり、会社側と労働者側がお互いに受け入れ可能な手段を通じてより望ましい労働環境の整備をするために採用される協力体制のことを指します。このLMCは労働法上必ず設置する義務があるものではありませんが、労働者が会社の政策決定のプロセスに参加することを促進し、生産性の向上につながる労使関係を創出し、労働環境を改善し、経済的な成長を達成し、維持するという目標を達成するために設置されるものです。労働者側にとっては、このLMCが導入されることにより、労働者側の意見が会社側に伝わりやすくなり、労働組合が存在する場合のみ可能となる労働協約締結のための協議を持つことなくして自らの要望を伝えることが可能となるという点でメリットがあります。他方、会社側としても、任意の労働者側との協議の場を持てることにより労働者の要望を汲むことができますので、労働者側が労働組合を組織することを防ぐ効果があり、メリットがあると言えます。また、労働組合がすでに存在する会社においても、労働協約締結とは関係なく、恒常的に会社側と協議できる体制があることは双方にメリットがあると言えます。

LMCの組織には決まった形式はありませんが、品質管理や生産性向上サークルといった少人数でのグループ方式の活動を通じて労働者が直接参加する体制と、労使協議会のような共同の協議会を通じて間接参加する体制を組み合わせることが一般的であると言えます。 なお、この労使協議会は、労働組合のある会社ではLabor-Management Councilと呼ばれ、労働組合のない会社ではLabor-Management Committeesと呼ばれており、いずれにおいても適切な数の代表が双方から参加することが必要であり、労働者側の構成員は全体の労働者の過半数の賛成により選出されることが必要とされ、会社側の代表者は、トップレベルの役員、人事担当のマネージャー、製造過程のマネージャー(製造会社の場合)やその他の管理職が含まれることが必要です。また、2名の共同議長が置かれ、双方から1名ずつがその任に当たります。

このLMCの設置は会社と労働者のいずれにもメリットがあることから、DOLEもNCMBを通じてその設置及び運営への支援を強力に推し進めており、未設置の会社に対してはその設置のためのオリエンテーションを行ったり、設置後も引き続きオリエンテーションやトレーニング、必要な情報を提供しています。もっとも、LMCは設置すれば自動的に目的が達成されるものではなく、きちんと運用がなされなければ、よりよい職場環境を達成することはできません。会社側としても労働者側にきちんと情報を提供すると共に、誠実に協議に応じる姿勢が必要です。
 
 

結論

A.労使協議制は、会社側と労働者側がお互いに受け入れ可能な手段を通じて良好な労働環境の整備をするために採用される協力体制のことを指します。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、従業員の懲戒処分について解説します。

その他

こんにちは! HPN3の堀越です。 またまた日本に少し帰らせていただきまして、今回もお土産を買って参りました。 そして今回はホームステイファミリーにではなく、いつも一緒にコメディをやってるコメディアン達に買ってきました。
ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」堀越です。今回僕たちHPN3は6月14日〜16日に開催されたPhilippine Expo 2019に呼んでいただきました!これは今年で第三回目のイベントで去年に続き今年も上野公園で開催されたイベントです。
世界で流通している米の種類は10万種以上と言われていますが、大きく分けるとジャポニカ種とインディカ種の二つに分けることができます。
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
今回は、実際にNRIマニラ支店のコンサルティングを利用されたLaguna Auto-Parts Manufacturing Corporation(LAMCOR)様からの声をご紹介します。LAMCOR様は、三菱電機株式会社の子会社で、四輪および二輪車向けの電装部品を製造されています。
野村総合研究所(NRI)マニラ支店では、フィリピン市場・文化に精通したコンサルタントが、フィリピン市場・業界調査や参入戦略、人材マネジメント、業務改革のコンサルティング、ITソリューションを提供しています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you