ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  小売り自由化法の改正【フィリピン法律あらかると第八十三回】

小売り自由化法の改正【フィリピン法律あらかると第八十三回】

『小売り自由化法の改正』


今月の事例

Q.小売り自由化法が改正になったと聞きましたが、どのような点が変わったのですか?
 
 
2021年12月10日に外資100%子会社による小売業への参入をより容易にする小売り自由化法(Retail TradeLiberalization Act of 2000)の改正法案に大統領が署名し、本年1月6日の官報掲載から15日経過後に発効となりました(共和国法第11595号)。これを受け、新規にフィリピンで小売業に直接参入する会社が増えていくものと思われます。そこで、本稿では改正法の内容について重要な箇所を中心に解説させていただきます。

1.最低資本金等の変更
従来、高級品または贅沢品に特化した小売業を除いた一般的な小売業を行う内国法人を設立するにあたっては、最低払込資本金が250万米ドルとされ、さらに、1店舗あたり83万ドル以上の投資を行うことが要求されていました。しかし、改正法により、最低払込資本金は2500万ペソに減額されるとともに、1店舗あたりの投資額も1000万ペソに減額されました。(ただし、既に小売業に従事している場合は、この1店舗あたりの投資額の制限は適用されません。)なお、改正前は施行規則で規定されていた「1店舗あたりの最低投資額」が改正法では条文として定義され、従前同様、複数の店舗の運営のために共通で利用される投資や施設(本社の事務所や倉庫等)についても、投資額の算定に入れられることが確認されました。一方、最低払込資本金の金額を事業継続中維持するこ とが求められていることは変わりありません。

2.撤廃された条件
(1) 事業開始後8年以内の株式公開義務
改正前は、外資100%で事業を開始することができたとしても、事業開始から8年以内にその株式の最低30%をフィリピンにおいて公開する義務がありましたが、改正法ではその条項が廃止され、常に外資100%のままで事業を継続できることとなりました。

(2) 親会社の事業要件
改正前は、(a) 親会社の純資産が2億ドル以上、(b) 全世界で5件以上の店舗またはフランチャイズ店があり、少なくともその1店の資本金が2500米ドル以上、(c) 小売業での5年以上の実績を有すること、(d) 親会社所在国においてフィリピン人(企業)が小売業に参入できることが必要とされ、これらの要件を満たすことをフィリピン投資委員会(BOI)に対して事前申請を行い、事前認可証明を受けることが必要とされていましたが、これらの条件は不要となりました。なお、上記(d)の要件は引き続き必要とされています。もっとも、小売り自由化法の改正法に関する施行規則が本稿脱稿時にはまだ発表されておりませんので、実際の運用は施行規則の発表を待つ必要があります。
 
 

結論

A.最低資本金と1店舗あたりの最低投資額が引き下げられ、親会社に関する要件も撤廃されました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、会社のための名義株の保有について解説します。

その他

今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
今回は「フィリピンの家庭料理を作りました!パート3」です! 僕たちもフィリピンにきて早一年ちょっとたちました。 食事はフィリピンのローカルレストランなどでよくフィリピン料理を食べます。来た当初は口に合わない料理などもありましたが、今はとても美味しく感じるようになりました。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。
皆さんこんにちはHPN3です。今週はフィリピンでごく普通の床屋さん(カット50ペソ=約120円)に行き、写真通りのカットになるかを検証してきました!カット50ペソと聞くと安すぎて色々と不安になってしまいますが、店内に入れば不安一掃!赤いオシャレな鏡、掃除の行き届いた店内、大量のヘアカタログ、丁寧かつ迅速なカット、撮影OKしてくれる優しい店員さん!
以前紹介したAyala Greenfield。マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。クラブハウスからの景色といい、別荘が並ぶ周辺環境といい高原リゾートゴルフという言葉がぴったり。
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「久しぶりにバロットチャレンジ!」です!僕達は2016年にフィリピンにきて、もうすぐ四年になります。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you