ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンの選挙【フィリピン法律あらかると第八十四回】

フィリピンの選挙【フィリピン法律あらかると第八十四回】

『フィリピンの選挙』


今月の事例

Q.今年のフィリピンの選挙について教えてください
 
 
フィリピンでは今年は6年に一度の大統領選が行われる年です。フィリピンでは5月第2月曜日を選挙日としており、今年は5月9日に大統領・副大統領だけでなく、上院議員(定員の半数の12名)、下院議員(全員)、州知事や市長選なども同時に行われます。住民登録に基づいて自動的に投票所に行けば投票できる日本と違い、フィリピンでは有権者が投票するためには事前に有権者登録を行う必要があります。なお、今年の選挙日のための有権者登録は既に締め切られています。今回はフィリピンの選挙の仕組みについてご説明します。

まず大統領・副大統領選挙ですが、立候補できるのは、生まれながらのフィリピン人であること、40歳以上であること、有権者登録をしていること、直近10年以上フィリピンに在住していることという要件を満たした人に限られます。既に今年の大統領・副大統領選挙への立候補は締め切られており、本稿脱稿時点で大統領選の立候補者は10名、副大統領選の立候補者は9名となっています(選挙管理委員会が以後、立候補を無効とする場合もあります)。なお、フィリピンの大統領選挙はアメリカのそれとは異なり、大統領と副大統領候補にセットで投票するのではなく、それぞれに投票をします。そのため、現在もそうなっていますが、大統領と副大統領が全く違う政党からの候補の組み合わせになる場合もあります。 次に上院議員選挙(Senate)ですが、上院議員の定数は24名で任期は6年であり、3年ごとに半数の12名が選挙で選ばれることになります。生まれながらのフィリピン人であり、35歳以上であり、直近2年以上フィリピンに在住していれば立候補が可能です。選挙区は区分けされておらず、全国区での選挙であり、得票数の多かった順から当選が決定します。

次に下院議員選挙(House of Representative)ですが、下院議員の定数は前回の選挙から12名増えて316名となり、任期は3年であり、全員が改選されます。生まれながらのフィリピン人であり、25歳以上であり、直近1年以上フィリピンに在住していれば立候補が可能です。選出方法は、253の小選挙区から選出される議員と、パーティーリスト制と呼ばれる、日本の比例代表制に似た方式により63名の議員が選出されます。

なお、選挙活動は5月9日の投票日の2日前まで行うことができます。また、外国人はフィリピンの政治活動に関わることは禁止されています。その他、投票日とその前日はリカーバンとなり、一部の限定された場所を除き外で飲酒をすることも酒を買うこともできなくなりますので、注意が必要です。そして、選出された大統領・副大統領・上下院議員の任期は6月30日に開始されます。
 
 

結論

A.今年は正副大統領、上下院議員、州知事や市長選等が同時に行われます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

フィリピン法律あらかると

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
今回は、小売り自由化法の改正について解説します。

その他

以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
油、酢、卵を主原料とした半固体状ドレッシングである、マヨネーズ。元々はスペイン料理のソースの一種でしたが、現在は世界中で家庭の定番調味料として親しまれています。ここフィリピンでも、国内製造の様々なマヨネーズを食品売り場等で手に入れるができます。
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
このたび、日本法人の完全子会社であるフィリピン法人が他のフィリピン法人の株式全株を譲り受けることを検討していますが、フィリピンの競争法上の手続がどのような場合に必要となりますか?
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
2016年、フィリピンの大手金融機関BDOと野村HDの合弁会社「BDO野村セキュリティーズ」の初代社長に就任した片川さん。現地の人々の力で国内の経済を盛り上げようと、個人向けのオンライン証券市場の開拓に意欲を燃やす。国内外で培ってきた営業力と持ち前の勤勉さを発揮し、成長市場を見据えて大きく舵をとる。
今回は「田舎の学校に行ってみよう」です!皆さん!フィリピンの学校には行った事がありますか?日本人学校などは行った事があるかもですが、ローカルの学校は行った事がないんではないでしょうか!
新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。
練習量が少ないアマチュアこそ、カッコいいスイングをするべき。カッコいいスイングとは、動きにムダがない証拠で、球が曲がらないのだ。これを目指さない理由が、ありますか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you