ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第144回)

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第144回)
広告
広告

  • 住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸!


フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガログ語の芸でフィリピン人を笑わせます!?プライマーでは毎週金曜、ハポンスリーのお笑いムービー(日本語字幕付き)をお届けします♪





なさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。


僕たちはフィリピンに来てタガログ語を勉強して日常会話程度は喋れるようになりました。

 


ただ僕は思うのです。
言葉ももちろん大切、だがそれ以上に伝えたいという気持ちが大事だと!!!
気持ちさえあればたとえ言葉が違くても伝わると僕は思うのです。

 


なので今回僕はタガログ語、英語を一切使わず日本語のみでジープニーに乗車してきました。
もちろんドライバーも乗客も日本語は知りません。
ただ気持ちさえあればきっと伝わる!
そう私は信じております。

 


ジープニーの場合ドライバーとの会話のタイミングは大きくわけて三回!
・運賃の支払い=Bayad po
・何人分の支払いか=1人(isa)、2人(dalawa)、3人(tatlo)など
・降車=Para po
正直最初の二つはなんとなくいけるんです。

 


ただ最後の降車はタガログ語でいうなら「Para po」、英語でも「Stop」的な事を言わなければ止まりません。
天井をノックしたりジェスチャーで伝える事も出来ますが今回は禁止。

 


日本語だけで挑戦です。
さぁ私の気持ちはちゃんと伝わったのか!?

 


是非動画をご覧ください。

 

 

個人でFacebook等もしていますので是非ご覧下さい

堀越田中井上

 

広告
広告
広告

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回は大何弾か忘れましたが、フィリピン料理を作ろう!です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です。私、堀越がフィリピンに来て思っている事があります。それは「フィリピン人女性はみーんな消毒用アルコール持ち歩いてるんじゃないか?」です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「日本のデンモクがあるカラオケを紹介します!」今回は新曲も沢山入っているしっかりとしたカラオケを紹介します!!!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。フィリピンの道を歩いているとよく猫や犬を見かけます。今回は子猫が道で鳴いているのを見つけてしまったのでほっとくわけにはいかないと思い里親に届けに行きました!

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー 一つ前のコラムを見る

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はフィリピンの料理を紹介します!今回のフィリピン料理はSILOGシリーズです!

その他

新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。
「打ち出し1メートルが命です」体の自然な反応でボールを自在に曲げる。持ち球あった方がアマチュアはやさしい
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
Ryan K. Cruz氏はRamen Yushoken(優勝軒)、Mendokoro Ramenba(麺処ラーメンバー)、Kazunor(i 和徳)というメトロマニラで名高い3つの日本食レストランの経営者だ。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
2017年にADBの総裁首席補佐官に就任した池田さん。新卒で財務省に入省後、活動の幅をバングラデシュやフィリピンなど海外にも広げてきた。平和な社会の実現に向け、働く組織や国籍を超えて団結する力の育成に邁進する。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はまたフィリピンのセブンイレブンで日本食を発見したので食べてみました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel