ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 小豆

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 小豆
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 小豆


フィリピン食材
まめ知識



海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。フィリピンの家庭ではモンゴスープというものがよく家庭の食卓にあがり、こちらは塩味のスープになります。ローカル食堂ではフィリピン料理の代表的な料理「アドボ」と同じくらい店先に並んでることが多いです。小豆はササッと水洗いし、後は炊飯器に材料を入れてスタートボタンを押すだけ♪その間にあんこと一緒に食べるものの準備をしてみてはいかが?あんこは冷蔵庫で1週間ほど保存可能ですが、作りすぎてしまったときは小分けにして冷凍保存も可能。次回は食べたい分だけ冷凍庫から取り出し、スイーツタイムを楽しみましょう!

 

 


炊飯器で押すだけ簡単!

万能あんこ/span>
Japanese style Tandoori Chicken

●材料

小豆.................................................................200g
砂糖.............................................................100g
水.................................................................600ml
塩..................................................................小さじ1/2
水(二度炊き用)100ml



●調理ポイント

今回は炊飯器任せのほったらかしレシピですが、炊飯器に入れる前に流水で何度か洗いましょう。 細かい汚れやアクの原因になるものが取れます。また、砂糖はどこでも手に入るグラニュー糖(Refind suger)で十分美味しく作れますが、黒糖(マスコバドシュガー)やココナツシュガーを使ってもコクのある あんこを作ることができます。砂糖の量はお好みで調整してみてください。

 

● 手順(調理時間約100分)

流水で、小豆を何度か洗い汚れを落とす。

 炊飯器に小豆、砂糖、塩、水600mlを入れ、炊飯ボタンを押す。

炊き上がったら蓋を開け一度混ぜ、水100mlを入れ、もう一度炊飯ボタンを押す

再度炊き上がったらお玉などでマッシュする。

全体的に馴染んだら完成。冷めたらタッパーなどに移し、冷蔵庫で保存する。

写真のように様々なデザートに使ってください。

 

 

●INGREDIENTS (Sweet Beans Dessert/Cooking time: 1 hour and 20 mins)

Red beans.................................................................200g
Sugar....................................................................... 100g
Water ..................................................................600ml
Salt .........................................................................1/2tsp
Water.........................................................................100g
● STEPS

Wash red beans with water

Boiled red beans, sugar, salt, and water 600ml in a rice cooker.

Remove from the heat. Mix the beans and add 100ml water and restart the rice cooker.

Cook until the water and mash the beans using a masher or ladle

Place it in the refrigerator until it is cold.

Can be prepared using any sweets shown in the photo.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。

その他

今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!以前フィリピン友達に日本食を紹介する動画で「梅干し」と「納豆」を紹介しました。
解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?
今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
授業動画を使って塾に行くよりも格段に安く学習できる方法が日本でも話題になっている。その仕組みをフィリピンの学校の授業にも取り入れているのがQuipper。
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel