ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food Tangigue(さわら)の辛味噌和え

今晩のおかず The Simple Japanese Food Tangigue(さわら)の辛味噌和え



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

Tangigue(さわら)の辛味噌和え

ビールにぴったり!

 

●材料(1人前)

tangigue(さわら) ............100g
片栗粉 ..............................10g
<辛味噌>
白みそ ..............................10g
豆板醤 ..............................3g
マヨネーズ ........................5g
砂糖 .................................5g
水 ....................................5g

 

 

 

 


Point!

揚げる時間は鍋の大きさや火力によって変わってきますが、感覚的に8~9割揚がってきたな、というところで油から引き上げて下さい。その後余熱でも火が入っていきますので食べるときには丁度良い仕上がりになります。辛味噌は魚が熱いうちに和えるとよく絡みます。

 

フィリピン食材
まめ知識


Tangigue。英語ではSpanish Mackerel と呼び、日本語ではさわらラと呼びます。日本では切り身として売られていることがほとんどですが、ここフィリピンではステーキカットと呼ばれるドカンとブツ切りで売られていることが多いです。地元の方々はそのまま焼いたり、スープにしたりとシンプルに食べることが多いようですが、クセが無く、万能に使える魚ですので煮物、揚げ物と様々な調理で美味しくいただけます。メトロマニラ内でのスーパーの切り身の価格が1kg P600前後。この価格帯は高級魚とされているため、普段の食卓に並ぶというよりは特別な時、また飲食店のメニューとして活用されることが多いようです。傷みやすい魚であるため、鮮度には要注意。あまり賑わっていないスーパーで売られているものは物の動きが鈍く、鮮度が落ちてしまっている場合が多いです。見ためで水分が抜けてしまっているようなもの、赤黒くなってしまっているもの、もちろん匂いの出てしまっているものは選ばないようにしましょう。鮮度の良いものがあればまとめて買ってしまい、そのまま冷凍保存にしておくのが良いでしょう。そんなフィリピンのさわら Tangigueを使って今回は辛味噌和えのご紹介です。しっかりした味でビールのお供にピッタリ!  Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

Tangigue の骨を取り除き、食べやすい大きさにカットする。
全体に片栗粉をまぶし、180℃の油で1-2分揚げる
辛味噌と2をボールでサックリ和える
写真のように盛り付け、完成、あしらいを添える。

 

 

・Fried Tangigue with Spicy miso
tangigue
(spnish mackerel)...........100g
corn starch.....................10g

japanese miso paste......10g
chilli paste ......................3g
mayonnaise ....................5g
white sugar.....................5g
water...............................5g

 

●Cooking time: 15 minutes

Remove the bones from the Tangigue and cut into bite-sized pieces.

Sprinkle corn starch all over and fry in oil at 180°C for 1-2 minutes.

Mix the spicy miso and 2 together in a bowl

Arrange, complete, and serve as shown in the photo.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず

Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。

その他

バーベキューやステーキレストランでお馴染みのベイビーバックリブ。日本の食肉需要等から、日本の精肉店ではあまり骨付きの塊肉は入手しづらいかもしれませんが、フィリピンではスーパーでも市場でも、至るところで色々な塊肉を見かけることができます。
パイロットになりたい!そんな子供の頃の夢をフィリピンで実現できるかもしれません。自らもパイロットとしてのキャリアを持つ佐藤さん。病気のためメディカルライセンスを失った後も地上職として飛行機の仕事に関わり続けました。これまでの仕事の集大成と語るAAAでは飛行機免許取得のサポートを。自身もセスナの免許取得を目指します!
今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「デビソリアに売ってたミニ四駆買ってみた」です!もうおなじみミニ四駆動画です!
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
基本的な様々な能力がはぐくまれる大切な幼少時代、フィリピンで暮らす子供たちの未来のために何が大切で、何を今すべきなのか︕︕ 会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を運営されている小野さんが連載でお伝えします。
現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?
コロナ禍はこれまでのフィリピン人の行動様式を大きく変えました。その一つが人々の生活の中にデジタル金融が大きく浸透したことです。本稿では、フィリピンでのデジタル金融やフィンテック産業の動向について概況を説明します。
今回は日本人が経営しているラーメンダルマに行ってきました! 実は前にも1度紹介させて頂いてその時は外で屋台のラーメン屋としてやっていたんですが 今回ラーメンダルマさんが店舗を構えたという事でお店に行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you