ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  フィリピンのコラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food Tangigue(さわら)の辛味噌和え

今晩のおかず The Simple Japanese Food Tangigue(さわら)の辛味噌和え



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

Tangigue(さわら)の辛味噌和え

ビールにぴったり!

 

●材料(1人前)

tangigue(さわら) ............100g
片栗粉 ..............................10g
<辛味噌>
白みそ ..............................10g
豆板醤 ..............................3g
マヨネーズ ........................5g
砂糖 .................................5g
水 ....................................5g

 

 

 

 


Point!

揚げる時間は鍋の大きさや火力によって変わってきますが、感覚的に8~9割揚がってきたな、というところで油から引き上げて下さい。その後余熱でも火が入っていきますので食べるときには丁度良い仕上がりになります。辛味噌は魚が熱いうちに和えるとよく絡みます。

 

フィリピン食材
まめ知識


Tangigue。英語ではSpanish Mackerel と呼び、日本語ではさわらラと呼びます。日本では切り身として売られていることがほとんどですが、ここフィリピンではステーキカットと呼ばれるドカンとブツ切りで売られていることが多いです。地元の方々はそのまま焼いたり、スープにしたりとシンプルに食べることが多いようですが、クセが無く、万能に使える魚ですので煮物、揚げ物と様々な調理で美味しくいただけます。メトロマニラ内でのスーパーの切り身の価格が1kg P600前後。この価格帯は高級魚とされているため、普段の食卓に並ぶというよりは特別な時、また飲食店のメニューとして活用されることが多いようです。傷みやすい魚であるため、鮮度には要注意。あまり賑わっていないスーパーで売られているものは物の動きが鈍く、鮮度が落ちてしまっている場合が多いです。見ためで水分が抜けてしまっているようなもの、赤黒くなってしまっているもの、もちろん匂いの出てしまっているものは選ばないようにしましょう。鮮度の良いものがあればまとめて買ってしまい、そのまま冷凍保存にしておくのが良いでしょう。そんなフィリピンのさわら Tangigueを使って今回は辛味噌和えのご紹介です。しっかりした味でビールのお供にピッタリ!  Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

Tangigue の骨を取り除き、食べやすい大きさにカットする。
全体に片栗粉をまぶし、180℃の油で1-2分揚げる
辛味噌と2をボールでサックリ和える
写真のように盛り付け、完成、あしらいを添える。

 

 

・Fried Tangigue with Spicy miso
tangigue
(spnish mackerel)...........100g
corn starch.....................10g

japanese miso paste......10g
chilli paste ......................3g
mayonnaise ....................5g
white sugar.....................5g
water...............................5g

 

●Cooking time: 15 minutes

Remove the bones from the Tangigue and cut into bite-sized pieces.

Sprinkle corn starch all over and fry in oil at 180°C for 1-2 minutes.

Mix the spicy miso and 2 together in a bowl

Arrange, complete, and serve as shown in the photo.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず 前回のコラム

豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
フィリピンの代表的な調味料、バナナケチャップ。柔らかいパスタに甘味の強いバナナケチャップが絡み、フィリピンの食文化を感じるにはオススメです。今回はそんなバナナケチャップを使ってナポリタンのレシピを紹介させていただきます。

新着コラム

今回の紹介食材はロミ(Lomi)というフィリピン式の卵麺。小麦粉と卵を主原料として作られる生麺で、スーパー等の食材店で全国どこでも購入可能です。類似品としてMamiやMikiなどもありますが、麺の太さや使用用途によって呼び名が変わってくるようです。さて今回はロミをマカロニの代用として活用した和風グラタンのご紹介です。
豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you