ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  フィリピンのコラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food チキンとロミの和風グラタン

今晩のおかず The Simple Japanese Food チキンとロミの和風グラタン



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

アツアツグラタン!

チキンとロミの和風グラタン

 

●材料(1人前)

鶏モモ肉 ...................100g
玉ねぎ.......................15g
トマト .......................15g
ロミ..........................30g
塩コショウ ................少々
バター ......................5g
トマトケチャップ........7.5g
味噌..........................5g
醤油 .........................5g
豆乳 .........................30g
刻みにんにく .............1g
ピザ用チーズ .............15g
パセリ粉 ...................少々
卵黄 .........................1個

 

 

 

 

 

 


Point!

調味料を入れた後に少々煮込む工程がありますが、その際は焦げやすいので火加減を弱ー弱中に調整しましょう。この間に具材の旨味が溶けだして美味しく仕上がります。チーズを乗せてオーブンで焼く際も焦げ付きには注意しましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識


日本に様々な種類の麺があるように、ここフィリピンでも色々な麺を楽しむことができます。焼きそば風のパンシット、ラーメン風のバッチョイ、うどん風のロミ。地元のカンティーン(大衆食堂)に足を運んでみると、大抵の麺料理が地元価格で楽しめます。今回の紹介食材はロミ(Lomi)というフィリピン式の卵麺。小麦粉と卵を主原料として作られる生麺で、スーパー等の食材店で全国どこでも購入可能です。乾麺や調味料と一緒に売られているインスタントの麺もあるので、常備食としても活用できそうです。類似品としてMamiやMikiなどもありますが、麺の太さや使用用途によって呼び名が変わってくるようです。さて今回はロミをマカロニの代用として活用した和風グラタンのご紹介です。メイン食材は一番オーソドックスな鶏肉を活用しましたが、シーフードやヘルシーに野菜のみと、様々な材料でアレンジ可能です。味噌を入れることで味にコクが増し、どこか安心感のある味に仕上がります。Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

熱したフライパンにバターを入れ、一口大にスライスした鶏肉の両面を焼いていく。
❶に火が7割程入ったら、薄切りの玉ねぎ、トマト、3cm程に切ったロミを入れて混ぜ合わせる。
その他の調味料を入れ10分程煮込む。
❸を耐熱皿に移し、チーズ、卵黄を乗せてオーブンで焼く。(5分程)
チーズがこんがりと焼けたら完成。パセリ粉をトッピングする。

 

 

・Chicken & Lomi Gratin
Chicken Thighs...100g
White onion ........15g
Tomato ...............15g
Lomi noodles......30g
Salt&pepper .......1pinch
Butter .................5g
Tomato ketchap.7.5g
Miso.....................5g
Soy sauce ...........5g
Soy milk ..............30g
Ground garlic.......1g
Pizza cheese.......15g
Parsley powder ...1pinch
Egg yolk...............1piece

 

●Cooking time: 20 minutes

Melt butter in a frying pan, then brown both sides of the chicken fillet.

When the chicken is almost cooked, add sliced onions,tomatoes, and lomi noodles and saute lightly.

Add tomato ketchup, miso, soy sauce, soy milk, and chopped garlic and simmer for about 10 minutes.

Transfer to a baking dish, top with cheese and egg yolk, and bake in the oven for about five minutes.

Take out of the oven when the cheese browns. Garnish with parsley powder before serving.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず 前回のコラム

豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。

新着コラム

食欲をそそる香りに、お酒によく合うガツンと来る味わい。子供から大人までいつの日も支持されているBBQフレーバー。今回はそんなBBQ seasoning を使って手軽に作れる鉄板焼きのご紹介です。混ぜ込んでフライパン一つで作れるお手軽レシピですので、是非試してみてくださいね。
真っ赤な色にほんのりニンニクと甘味の効いた、キリっとした辛さが特徴のシラチャ―ソース。原産国はタイですが、ここフィリピンでも広く流通しており、一般家庭でも親しまれているソースの一つです。今回はそんなShiracha Sauceを使って手軽に作れるポキのご紹介です。新
中華圏の文化が色濃く根付いているフィリピンでは、食文化にも中華の要素が多く取り入れられています。その一つがDumpling(ダンプリン)。小麦粉を練って茹でたもの、またはそれに食材を入れて蒸したり焼いたりするものの総称を呼びます。フィリピンでは家庭料理として、また屋台等で手軽な価格で販売されていたりと非常に親しまれている料理の一つです。
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているます。今回は秋の味覚、さつま芋ご飯を簡単レシピでご紹介します。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もとても多いです。朝食、お昼後のおやつ、夕食後の夜食。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。また、街中や市場などでは一般の方々が袋いっぱいにパンを買って帰る光景をよく見かけます。今回はそんな中でも一番消費が多いパンである食パンでパパっと美味しい玉子サンドをご紹介します。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you